2008年09月25日

リーマンと AIG の事

wallst.jpeg

なんとなくぼんやりはわかっていたつもりだったんですけど、
ここのサイトでとてもわかりやすく説明されていました。

GIGAZINE: リーマン・ブラザーズとAIGが破綻、それが一般人の生活に今後どのように影響するのか?
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20080924_lehman_and_aig/

ちょっと長いけど、最後まで読むとなぜリーマンが破綻して、
AIG が米国政府の補助を受けれたのかがわかりやすく説明されています。

ちなみに一般人にどういった影響が出るのか(でそうなのか)も
書いてあるので、参考になりました。

米国の住宅ローンはもうボロボロなので、今後さらにローンを組む時は
相当な高金利で借りる事になりそうです(貸してくれないのではなく、
しっかりと儲けが出るように貸したくなるから)。

ただ、これも一回りすると、誰も借りれなくなってくるので、
日本みたいに金利が下がりまくって、1〜2% くらいの水準で
ローンが組めるようになるかも知れませんよ?

現金を持っている人はしっかり貯金をしたり、収入の多い人は、
その仕事をがっちり押さえておいた方が良いと思います。

バブルが弾けた時の日本のように、今は我慢の時かと。
で、良い買い物を良い条件でするように、力を蓄えておく、と。

ま、それが難しいから、いつの世も金持ちが強いんですけどね (^^;)



posted by Taka@まさちゅ〜 at 03:57| サンフランシスコ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。