2009年01月02日

クリスマス in ノースカロライナ 2008

このクリスマス休暇は、一番最初にアメリカでお世話になった場所、
ノースカロライナ州のアッシュビルという所へ遊びに行って来ました。

Allison_Addie.jpg

実質一ヶ月程しか滞在しなかった土地なんだけど、
その後ホストファーザーのお母さんのいるミシシッピー州へ移って、
そこで学校に通ったので、ずっと同じ家族と過ごしたような形になって
くれたので、未だに深く付き合いを続けてくれています。

前回の滞在は嫁さんのお披露目、そして今回は美空のお披露目、と
近年は常にお披露目会になってる感じがありますが、相変わらず
とても大らかな人たちで、楽しい休暇を過ごして来ました。

ホストファミリーにはお兄さん、お姉さんがいたのですが、
お兄さんの所には 14歳の男の子&12歳の女の子がおり、
巨人一家の名に恥じず、既に 171cm の俺よりも遥かに背が高い兄、
とうとう追い抜かれてしまった妹(繰り返すけど、まだ 12歳)。

そして3月に生まれて来る予定の子は、8ヶ月目だというのに、
臨月のようなお腹の大きさ。相変わらずデタラメなスケールの
家族です(笑)

a2.jpg
サイズ比較用の写真。お父さんはお仕事で不在でした。
ちなみにお父さん、お兄さんともに身長 2m 超えです。

この美空と比べたらちょっとは大きさがわかるかな?
a3.jpg

で、お姉さんの所には 7歳の女の子がいるんですが、この子が
大変良く美空を可愛がってくれて、とても助かりました。
美空も大好きだったようで、会話の中に名前が出て来ると、
きょろきょろ探しまわって「あっち!」と言う様に。

……こらこら、見つからないからって嘘言うな (^^;)

a4.jpg
アディちゃん。神懸かり的に可愛い。

滞在中はずっとべったりでしたから、美空も実際とても寂しいのでしょう。
ずっと一緒だったおかげで嫌な事が有ると「NO!!」っていうように。
うーん、子供同士の影響ってすごいなー。
次は普通に英語で会話するようになるんかな?

しかし改めて思ったのが、ここのホストファミリーって大金持ちだなあ
って事。特に自分で家を持ち始めて初めて家具のクオリティや
飾りの良さに気がつく様になりましたよ(17歳じゃさすがに無理だった)。

a5.jpg
敷地のサイズに「エーカー」って……。

a6.jpg
遠くから見ると小さい家も、近づくとどんどん巨大化(笑)

a7.jpg
飾ってるツリーは今年は小振り、と言ってたけど、
それでも室内用なのに 5m 超え(爆)

前回は四輪バギーで裏山を駆け巡ったり、習い事に「乗馬」を
していたり、地下のホームシアターや娯楽室に度肝を抜かれましたが、
なんと今回は庭先に「滝」が追加されてました。
もう笑うしか無い (^^;)

a8.jpg
滝。お約束通り近日中に鯉を放す予定だとか。

次は一体何が来るのやら、と思ってたらまだありました。
それが「最近買ったのは良いけど完全に遊ばせてしまっている」と
いうマンション。

どんなもんなんだろ、って事で見せてもらうと、
地平線が見える程、見渡しの良い山の手に建っていて、
マンションのクセに、防音スタジオが完備されていて、
バンドの練習やダンス、ホームシアターなどに使えるとの事。
各バスルームはジャグジー完備で、ウォークインクローゼットは
当たり前。当然新築で、状態も完璧です。

そしてお値段たったの、1.2億円。友達&現金割引で、
ぴったり 1億円にしてあげるよ、と言われましたが、
怖いのがこの人達は割と普通の感覚で、俺なら買えるんじゃないか?
と当たり前の様に提示してくれている事。

さすがに築30年を超している上に、その 1/10 の大きさのマンションに
ひっそり住んでいる身としては、雲の上の成層圏にあるような物件なので、
ひきつった笑いを返すのが精一杯でした (^^;)

っていうか、1億あればシリコンバレーでも相当良い物件が買えるし、
普通に日本と一件ずつ家が持てるよねぇ。と、ちょっと考えが
セコイ俺(爆)

っちゅーか、そもそも遊ばせてるなら、綺麗に掃除しておくから
格安で住ませてくれんかね?

a9.jpg
物件を遊ばせてるっていうので、遊んでやったさ(笑)

と、そんな軽いカルチャーショックを味わって来たんですが、
もう一つ興味深い話を聞いて来たのでそれも書いてみます。

あまりにも美空の事を「可愛い!可愛い!!」と褒めてくれるので、
悪い気分じゃなかったんですが、ふと「どんな子供が可愛いのか?」
という話になった時に「アメリカでは『頭が大きい子供が
一般的に可愛い』と言う定義なの。だからCMも頭が大きい子が
総じて選ばれるのよ」とホストマザーの談。
さらにストレートの黒髪がとても羨ましいのだ、とも。

なるほど!これで合点が行きました。とても日本人顔で、日本人体系で、
日本人らしく頭のデカイ美空は、物珍しさも手伝って、相当可愛く
見えたらしいんですね。そしてなぜ頻繁に「モデルをさせなさい」と
言うのかも(笑)

日本は「子顔で目がパッチリで髪の毛がさらさらで、
手足のスラっとした子が可愛い、って定義なんだよ〜」と言ったら
まるでわかってないわね、というようなジェスチャーしてました。

思春期の頃には「世界のどこかで俺がモテる国や地域があるかも
知れない」って考えた事もあったんですが、ちょっと近い場所を
発見出来たのかも知れません。そー言えば、俺のへったくそな
英語ですら「そのたどたどしさとアクセントがキュートなんじゃない!」
と言われた事もあったなあ。

と、言う訳でアメリカ人の彼氏&彼女が欲しい人、
(自己責任で)遊びに行ってみます?
……でもお年頃の人が行くと、多分退屈でしょうがない
田舎町ですけど。

きっと御所見出身だから、全然問題なく住めたのかな?>俺 (^^;)



posted by Taka@まさちゅ〜 at 09:44| サンフランシスコ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。