2009年02月21日

MacBook Pro 使用感:2週間後

丁度受け取ってから2週間経った MacBook Pro ですが、
良い所&悪い所と色々見えて来たし、その改善案なども。

簡易スペック:2.53Ghz Core 2 Duo 320GB


良い所:
・とにかくマルチタッチジェスチャーが快適過ぎる!
本当にマウス要らないです。使い始める前は
「4本指タッチをどうやってカスタマイズしようかな」って考えて
いたんですが、既に4本左右がアプリ切り替え、上がデスクトップへ、
下が Exposé(全アプリ)にデフォルト設定されていたので、
これ以上やることねえわ、と(笑)

・ガラス画面は動画や写真が奇麗です
明るいオフィスには写り込みが出て向かないんですが、
みんなでサッカーのビデオなどを観てる時には「すげー奇麗」
「テレビと変わらない」などと軒並み高い評価でした。
あと、15インチは重いですが、鑑賞時はこれも良いですね。

・ボディが熱くなりすぎない
以前会社からしばらく借りてた PowerBook G4 もアルミボディでしたが
あれは結構熱くなりました。今回は全然気にならないくらいの温度ですね。
「ほんのり」って感じです。おかげでファンも無回転〜低速度で
回転するのでとても静かです。Xcode でコンパイルしてる時に
「ふわーん」という音が微かに聞こえるくらい(100%負荷時)です。

・マグネットラッチの電源コードは安心する
特に子供がいたり、出先で電源取ってると、誰かが引っかかって
しまう状況でも、電源コードが簡単に抜けるのは精神的にとても楽。
新しい技術じゃないんですけど、俺に取ってはデビューだったんで (^^;)


悪い所
・バッテリーの持ちがあまり良く無い
Ascii の満足度調査でも、MacBook Pro のバッテリーの持ちだけが
最低評価でしたね。スペックでは MacBook よりも持つハズなんですが、
無線LAN使って、ウェブをだらだら見てると3時間くらいでそろそろ
ヤバいなあ、って程度まで消費します。

まあ個人的に3時間も電源無しで動いてくれるのは良いんですが、
公称5時間とはずいぶん違うなあ、って印象。実際ベンチマークを
取った訳じゃないんで、ひょっとしたら最後の1時間をとてもねばって
くれるのかも知れないが(笑)

ただ困るのがスリープしておいて、翌朝起動すると電池が20%近く
消費されている事なんですよね。

子供に触られたく無いので、高い所に置いておく事も多く、
そうすると充電出来る場所じゃなかったりするので、
寝る前 40% だったバッテリーが、朝起きたら 20% になってたり。
これでは、その日一発目に使うのが外だったりする人だと、
とても不安ですよね。

スリープ時は無線LANはオフ。Bluetooth もオフ。LANから起動させない。
などの、定番設定はしてるんですが、やっぱり放電しちゃいますね…。
家と会社だけの往復なら問題無いんだけど、これがちょっと残念かな。

・マルチタッチは Apple 純正ソフトばかりが優遇
まあ当然といえば当然なんですけど、三本指で進む&戻る、
二本指でのズーム、回転などのジェスチャーなんだけど、
Apple 純正ソフトでしか標準で対応してないんですよね。
とても便利なだけに、他が使えないと余計不便に感じてしまう!

例えば FireFox で三本指の戻るをしたい場合、一応効きはするんですが、
「Cmd+←」が実行されるらしいので、どこかフィールドが
選択されてると戻ってくれない。あとは、ピンチイン・アウトでの
ズームが出来ない、ってのも言われました。

俺も FireFox でも Safari と同じように動いて欲しかったので
2本&3本指ジェスチャーをカスタマイズ出来る「MultiClutch」という
ソフトを導入してみました。無料です。
http://wcrawford.org/2008/02/28/everytime-i-think-about-you-i-touch-my-cell/

MultiClutch.jpg

用意されているジェスチャーの、スワイプ右・左・上・下、回転右・左、
ズームイン・アウトはすべてアプリケーション毎に設定出来るので、
独特なショートカットが設定されているアプリでも対応出来ます。

個人的には Finder の「戻る」や「進む」、FileMaker の
「レコードの移動(前・次)」とかまで直感的に使えるように
なったので、とても便利になりました!


・マルチディスプレーの時にメニューが両方に表示されない
Mini DV --> DVI 変換ケーブルを使って、マルチディスプレー環境にして
会社で使ってるんですが、マルチディスプレーのレイアウトが自由に
設定出来るので、上:Cinema 20" 下:MacBook Pro
というような、上下レイアウトにしています。

今までは手元にキーボードがあって、その向こうにディスプレーが
あったんですが、単純にその間に MacBook Pro の画面が
入り込んだような感じですね。

MBP.jpg
(この角度だとかなり写り込みが見えますが、普段の仕事中は
気にならない位置になってます)

会社に来て、コードをちょいちょいっと繋げるだけでもう準備完了。
広く画面が使えて(机周りもすっきりして)快適なんですが、
唯一マルチディスプレーで不満なのが「メニューバーが
メインディスプレーにしか表示されない事」なんですね。

これで困るのが両画面にウィンドウを展開している時に、
サブの方からメニューに行きたいのに、わざわざメインまで
カーソルを動かさないとメニューにアクセス出来ないんですよ。

これは両画面にメニューが出るように設定で変えられるんじゃないか?
と思いきや、どうもダメみたいで、調べてみると「Dock も同じ」
「すげー不便」という声を多く聞きました。あー、やっぱり
出来ないんだな、という事が判明。誰か良い方法知りませんかね?

そこで、代替案として「Deja Menu」というツールを導入。
http://homepage.mac.com/khsu/DejaMenu/DejaMenu.html
当然無料(笑)

DejaMenu.jpg

これは常に起動させておいて、使ってるアプリケーションで
メニューに行きたい時に、設定したショートカットを入力すると
そのアプリのメニューがぽんっ、と現れてくれるというツール。

まあ理想じゃないんだけど、メニューにアクセスする、という
ところでは解決されるので、これで今の所満足しています。
よく使うアプリなら大体の事はショートカットを覚えてるしね。


・移行アシスタントを使うと古いメールが検索されなかった
ちょっと困りましたが、Mail.app の中の「メールボックス>
メールボックスのアーカイブ」をまず実行して、
念の為ターミナルからもインデックスの再構築コマンドを入力
$ sudo mdutil -E /
をしたら、ちゃんと古いメールも検索されるようになりました。ほっ。


あと、おまけですが Leopard になってからは、画面共有が
すごい簡単になったので(VPNクライアント機能が標準装備
されてるんですね)、Apple Remote Desktop のライセンスを
持ってるのを良い事に、ついでに自宅中のマシンをリモートで
管理出来るようにしました(嫁さんの Windows ノート以外)。

そんなに広い家か?と言われると恥ずかしいんですが、
1台のマシンから全部管理出来るのってすげー楽ちんですな♪

社内ではリプレースした古い会社の Mac 達も、モニター&キーボードは
一切置かず机の下でひっそり起動させておいて(スリープさせてても大丈夫。
Apple Remote Desktop に「Wake」機能があります)使う時だけ
リモートで起動。おかげでもの凄く机が広く使えるようになりました〜。
あー、すっきり。

とかいいながら、そのスペースは書類が乱雑に置かれてすでに
占拠されていたりするのでした……(^^;)


まあなんのかんのありましたが、かなり全体的に満足していますよ、本当に。
不便な事があっても、一つ一つ解決出来るようになったのが Mac ユーザーの
増えた今の一番の利点に思えますね〜。



posted by Taka@まさちゅ〜 at 08:25| サンフランシスコ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。