2009年06月23日

WWDC 2009 へ行って来た

ちょっと前の話になりますが、プライベートでは引っ越しが、
仕事では6月末の大型締め切り&この会社に来てからは
初じゃないか?という出張の「WWDC」があり、てんてこ舞いでした。

wwdc1.jpg

「WWDC」という単語は、聞いた事ある人はあまりいないのでは
ないかと思うんですが「Apple が iPhone を発表した舞台」と
言えば、ニュースなどで見かけた事あるかも知れません。

wwdc2.jpg

基本的には、Mac の開発者が集まって、色々な公開セッションに出て
解らなかった事を質問したり、Apple 社員で開発者の人たちへ
直接講義を受けたり出来る、開発者向けのカンファレンスなんですね。

で、なんちゃってエンジニアの俺がなんでそんなのに出たかというと……
チケットが余ってるから行く?って部長に言われたので(笑)
自分へのご褒美……だったら良かったけど、スケジュール的に
厳しくなっただけ、な気もします (^^;)

実際いってみた感想なんですが、正直ん千ドルも払って行く程では
無かったかなあ、と。地元じゃなかったら飛行機代やホテル代も
出さないといけないので、さらに勿体無かったかも。

その理由として俺はプログラムに詳しく無いし、初心者〜中級者の
セッションで得られる情報ならウェブで検索する情報で充分な
気がしますし、上級者が受けるハンズオンは実力不足で無理。

アレはお祭りに参加するのが楽しいんだよなー、と初日の新製品の
発表に胸をときめかせたり、タダでランチが食べれたり、
木曜日の夜にパーティがあったり、会社の激務から逃げて来て、
一週間「勉強」扱いで遊べるとか、そういう楽しみ方をするのが
正しい WWDC なのかと(嘘です。ちゃんと出てる人ごめんなさい)。

wwdc3.jpg

そうそう、参加している人のほとんどが Laptop を持ってたんですが
当たり前のように「Mac率 99.8%」くらいでした。
0.2% がネットブックで「確かに小さいと出張には便利だよなあ」と
思ってみてたら、走ってる OS が「hackintosh」という
これまたマンガみたいなオチ。みんな Mac ラブ過ぎでしょ(笑)

そういえば、隣に座ってた人が、iPod Touch を拾ってました。
突然セッション中に「キミのかい?」と聞かれてびっくり。
どんだけ高級な落とし物だよ、と驚いてたら「さっきは iPhone
拾ったんだ。また忘れ物&落とし物コーナーに行ってこなきゃ」と。

俺なら iPod Touch だったら個人的にポケry(爆)

ごほんげほん。えー、多分来年以降はまたしばらく行かないと思いますが
(上から命令されたらそり ゃいってきますけど)、今年は、
Snow Leopard も控えて、iPhone 3GS + iPhone OS 3.0 が同時に
あって、タイミング的には結構面白い経験だったなあ、と。

posted by Taka@まさちゅ〜 at 14:11| サンフランシスコ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。