2009年09月09日

AirMac Extreme を買ったよ

airportextreme.jpg

今まで使ってた 802.11g の無線ルータなんだけど、
これは嫁さんがこっちに正式に引っ越して来た頃、
あまりに 802.11b の無線ルータが頻繁に落ちる(フリーズする)から
買い直したものなので、正味5年半くらい使った事になるのかな。

今までの所ではあまり問題が無かったんだけど、
今の仮住まいは数えきれない位のアクセスポイントがあり
(簡単に計算しても 20棟以上が混在してる状態)、
さらに 11g は5チャンネル以上空けないと混線してしまうという
技術上の問題があるそうで……。
http://ja.wikipedia.org/wiki/IEEE_802.11#IEEE_802.11g

電子レンジの上部にある食器棚の上に置いていた、ってのも
さらに良く無かったかも知れない。

そんな仮住まいでは問題が噴出しまくりの状態は
・リビングのPCの速度が全く出ない
・1日1回ネットが落ちてルータのリセットが必要
・嫁さんがリセットしたら壊れた(電源系の問題)

などがあり、こりゃ本格的にルータの買い替えを検討しないと
いけないな、という状況でした。

新居がもうすぐ決まる予定だったので、我慢しても良かったんだけど
さすがにワット数の違う電源アダプタを差し続けるのは危ないし、
新居にしても二階建てなので 11g だと電波が遠くに届かない
恐れもあるし、どうせなら今から新しくしてしまおう、と。

今の家で設定しておけば、新居でもすぐに使えるし、
万が一電波が届きづらい状況なら、古いルータをブリッジに
する事も可能なので(ただし、アダプタは買い直し)。

で、Buffalo と Apple のどっちかで迷ったんだけど
(性能もほぼ同じだし)、割引きが使える事と、Mac2台、iPhone1台
(将来的に増える可能性も)を繋げるので Apple の方が
相性が良かろう、という事で、AirPort(日本名 AirMac)Extreme に
しました。ちなみに Buffalo の欲しかったヤツとは、価格差 30ドル
くらいでした。

買ってみて設定した結論からすると
・設定が分かりやすい
・安定している
・家庭内LANが速い(11b でも)
・ゲストモードが思ったより便利
(友人が遊びに来てもゲストパスワードをあげるだけで大丈夫)

という望んでいた以上の結果に大満足。
唯一の不満は「WEPだけでもパスワードを掛けさせて欲しい」
という所だったんだけど、5秒で破れるらしいのでまあ仕方ないか。
嫁さんの PC が WEP 認証しか対応してないので、結局セキュリティ
レベルを少し下げて、MAC Address を登録している機器のみを
認証するようにしました。まあこれはこれで結構安全……だと思うんだが。
DS、PSP、PocketPC なんかも簡単に繋げられるしね。

値段は張ったけど、それ以上に設定の簡単さと、安定度を考えると
決して高い買い物じゃなかったと思います。同じ事が Buffalo の
ルータにも言えたかも知れないけど、相性等もあるだろうし、
少なくとも Apple 製品同士なら検証されてるだろうから安心? (^^;)

リビングの PC が 11b なんだけど、それでも家庭内LANにぶらさげてる
NAS HDD に入れた 720p の HD 動画がコマ落ちせずに再生出来る
ようになったのはスゴイ。早送り、巻き戻しはちょっとキツいみたいだけど。

これならTVサーバーからダウンロードしてくる番組は、全部 NAS に
入れちゃっても大丈夫かも知れないなあ、などと将来的な事も考えられて、
満足な一品なのでした。

後は外からまた NAS が見れる様に出来たら設定完了です。

posted by Taka@まさちゅ〜 at 05:45| サンフランシスコ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。