2008年10月08日

Axim x51v を Windows Mobile 6.1 にしてみた覚え書き

ここ最近、妙な動作をする x51v だったので、出荷状態に
戻そうかと思ったんだけど、思い切って ROM を WM 6.1 に
アップグレードしてみたので、一連の作業を覚え書きに
してみました。誰か他の人の役にも立てばそれはそれで幸いです。

注意:使ったツールや Windows Mobile の日本語化作業は
先人の偉大なる努力と犠牲の結果によって成り立っています。
感謝の気持ちを持つと共に、制作者達へご迷惑を掛けないよう、
リンクは控えさせて頂いています。検索すればすぐに出てくる
ものばかりだし、それでもここで書かれている事が完全に
理解出来ないようなら、アップデートは控えて、そのまま
使い続けるのが良いと思います。x51v は出荷状態に戻して、
CPU スピードを最大にするだけで驚くほどキビキビと
動くようになりますよ。

あくまでも俺個人の環境の事なので、他機種で動く保証も無いし、
かなりグレーゾーンな事も多いので、この記事を参考にして挑戦後、
もしデバイスが完全沈黙&文鎮化しても、泣かない根性で挑んで
ください。大人の趣味だから、という事でご理解の程、ひとつ
よろしくお願いします。

使ったロム: Axim x51v WM 6.1 L11 Lenny Edition
8月の時点で激しく更新されていたのが落ち着いたので、
おそらくここで打ち止めかと。

ロムアップデート手順:

1) LennySh_AximX51v_WM6_1_UC_L11_20080813_Lenny_3.rar を
どこでも良いから解凍

2) DiAd_K_AximX51v_WM61_L11EN_nb0.crc
と DiAd_K_AximX51v_WM61_L11EN.nb0 を
"Fat32" にフォーマットした SDカードのルートに入れる。

他のファイルが入っているとダメらしいので、64MB 以上の専用
SDカードを用意しておくと吉。64MB なら今だと数百円で買えます。
ウチの近所では、1GB ですら特価で 5ドル、普通に 7ドルでした。

3) SDカードを本体に挿入

4) SD Loader を起動。Power + Wifi を押したまま、Reset。
Reset 後も Power + WiFi は押し続けると SD Loaderが
起動するので、上記.nb0ファイルを選択してアップデートする。

5) たぶんココで 10〜15分くらい待たされるので、
バッテリーはしっかり充電しておくか、電源ケーブルを
差しておく。途中で電源が切れたケースは知らないけど、
きっとヒドい事になる (^^;)

終了後、電源+リセットでハードリセット。
Windows Mobile 6.1 が立ち上がれば成功。


日本語化
まず askulさんのLetsJapanNo.6で日本語化。
日本語のフォント導入と表示が出来るようになります。

IME の導入
(PDA だと SIP って言うのかな?実は良くわかってない>俺)

Case 1: Atok for PocketPC
1) Atok for PocketPC (2002) をインストール。まだリセット
しちゃダメ。リセットしてしまった場合、起動時にホワイトアウト
して固まるので、ハードリセットでやりなおし。

2)HappyTappingKeyboard をインストール。スキン導入は後でも良い。

3) PQzII をインストール 。ショートカット作成 > スタートメニュー
に置いて再起動時に常に起動。これをやらないと、やっぱり
ホワイトアウトする。

4) PQzll_setup を ショートカット作成 > プログラムへ。
設定を呼び出しやすい。
Setup から「CTRL/ALT」> Port & Land「Happy Tapping Keybord」
「IME」から IME > RIGHT (0028) Shift+CURSOR > NO SHIFT
*これで十時キー左右で候補選択、下で決定となる
そのままだと Icon が白く TaskBar に出るので「Icon」の
ICON POS を一番右にすれば意識せずに使える(Portrait 時のみ)。
Landscape モードで使う事が多いなら、素直にビットマップの
指定をしましょう。

5) (再構築時のみ)辞書のリカバリー:
バックアップしておいた *.dic ファイルを、\Windows フォルダへ戻す。

PQzII を終了後、ここでようやく再起動。

結果:これで Atok を使った日本語入力が上手く出来るように
なりました。ただ、どうも辞書学習が上手くいかない感じなので
(使い方が良くわかってないだけ?)、6年振りに
Atok for Windows Mobile (2008) も出たところだし、
今後は是非試してみたいです。

そこまで日本語入力が必要!ってワケでもないので、俺には
過ぎた環境になりますが…… (^^;)

あと、過去の手順や他機種の記事などを見ると、Atok の
デフォルト SIP の指定を PocketTweak などでしないと
いけないみたいなのだけど、ちゃんと問題無く使えてるので
これで良しとします > PQzll でカバーされてるみたい。


オマケ:本体の容量節約の為に、\Windows フォルダから
消しても良い(ハズの)ファイル達
 [D] ATOK       HTM ATOK ヘルプファイル
 [D] ATOK_B_BS    BMP ATOK ヘルプビットマップファイル
 [D] ATOK_B_ENTER   BMP ATOK ヘルプビットマップファイル
 [D] ATOK_B_FORMEDIT BMP ATOK ヘルプビットマップファイル
 [D] ATOK_B_MENU   BMP ATOK ヘルプビットマップファイル
 [D] ATOK_B_PANEL   BMP ATOK ヘルプビットマップファイル
 [D] ATOK_B_PANEL2  BMP ATOK ヘルプビットマップファイル
 [D] ATOK_B_PANEL3  BMP ATOK ヘルプビットマップファイル
 [D] ATOK_B_PANEL4  BMP ATOK ヘルプビットマップファイル
 [D] ATOK_E_SUISOKU  BMP ATOK ヘルプビットマップファイル
 [D] ATOK_P_CODE   BMP ATOK ヘルプビットマップファイル
 [D] ATOK_P_FORM   BMP ATOK ヘルプビットマップファイル
 [D] ATOK_P_TEGAKI  BMP ATOK ヘルプビットマップファイル



インストールファイル(本体導入順)

- HappyTapping Keyborad:ソフトウェアキーボード
Skin は Windows/AppMgr/Kotetsu Happy Tapping Keyboard/ へ。
デフォルトではグラフィックが寂しいので、iPhone ライクな
スキンを入れて楽しんでます。

- PQzII:デフォルト SIP 自動切り替えをしてくれるソフト

- GSFinder+C:File Explorer は俺には無理ぽ…
L11 WM6.1 にしてから、使用不可アイコンが赤く表示される
ようになってしまった…。今まではグレーアウトしてたと
思うんだけど、ただいま調査中。機能的には全く問題無し。
(GSFinder+ for W-ZERO3 も同じ)

- gsGetFiles International:Windows PC ライクに
ファイルを開けるようにするツール
\Windows フォルダに置くだけ。

- PocketHand 2 + Lang PK:グラフィカルにレジストリを弄れるツール。
・UI: スクロールバー 10, 10
・A2DP BTオーディオ > 高音質
・サンプルレート 480 00hz
・ステレオを有効
・Audio Gateway 特性 69

- BroadcomBluetoothStackX51V.cab
WM6.1 になって、MS の Bluetooth スタックも多少賢く
なったんですが、俺の持ってる Princeton PTM-BAH2 は
どうレジストリをいじっても、音飛び、切断が起きるので、
素直にこのスタックを入れるのが吉。導入後はあっさりつながります。

- WkTask:[X] でアプリを終了したり、タブで切り替えたり
出来る超便利ツール

- EXPanda:解凍ツール

- BttnMon:バッテリモニタ

- PowerStatusPlus:バッテリとメモリ残量を1ドットラインで
表示してくれる。

- CorePlayer(有料):高機能メディアプレーヤー。
YouTube まで観れる。スキンのサイズを 60〜70% に設定すると、
テキストが綺麗に見えます。

- TaskMan Screen Off (ショートカットを作成。プログラム
フォルダに置いて、値を追加 /D 画面OFF)
カレンダーボタンに割り当てて、CorePlayer 使用時に画面だけ
オフにしてます。

- Opera 9.5b(XDA developer にて入手)
1) Input.ini をエディットして、左ボタンで戻る
2) 日本語ファイルを適用するには、ja.lngを \Windows\Opera9\locale にコピー後、Opera.iniの
[User Prefs]内に Language File=\Windows\Opera9\locale\ja.lng
と記述。

- TomTom Navigator 6:カーナビソフト
Mac の TomTom ホームから SDにインストール。
(PocketPC 上でインストールすると永遠を感じる程終わらない)

方向音痴の俺が、知らない町で車を運転出来る神の様なソフト(爆)
そして恐らくウチの嫁さんに「PocketPC とは便利な物だ」と
初めて認識させたソフトでもある。GBクラスのメモリーカードの
お陰で、全米地図もハワイもカナダも余裕で入ります。
昔は必要なエリアだけ選んでインストールしたものだけど、
虫食い穴みたいにぽっかりと入れ忘れてた箇所があり、
ナビに 100km 単位の超迂回をさせられた事が嘘のよう(笑)

ただ、SD を抜き差しする度に、勝手に起動するのは、
なんとかならんものか…… (^^;)

- bLaunch:タブ型ランチャー

- カレンダーforポケP Advance 2.0.2
予定表と連動する Today画面に表示させる高機能カレンダー。
POSync と共に、いつもお世話になってます
(逆に ActiveSync を使う理由が無くなってしまったくらい)。

- 走り書きforポケP
タブメモ帳。コレも Today 画面で管理出来るので、メモに超便利。

- ktPocketLaunch
使用回数の多い順に上に来るランチャー。慣れると病みつきに(笑)

- Reset.exe
ソフトリセットするだけのツール。
ktPocketLaunch と組み合わせるといい感じ。

- フルスク
強制的にフルスクリーン表示してくれるツール。
上下のステータスバーがなくなるので、画面が広く使えるように
なります。これまた ktPocketLaunch と組み合わせるといい感じ。

- GoogleMap Mobile(最新版を確認の事)
言わずと知れた Google Map の Windows Mobile 版。
最新版ではストリートビューにも対応したらしいけど、
残念ながら x51v からはそのオプションが見当たらず。
どうやら未対応らしい?今後に期待かな。

アプリ自体はブラウザで使うよりも早くて快適だし、
画面もフルスクで大きく使えるので、目的地をキャプチャ
しておいて、後から参照する使い方が旅先でとても便利。
ただ、x51v の場合 WiFi が無いとなんの役にも立たないので、
目的地をキャプチャし忘れるとちょいと困った事になる (^^;)


TRE 各種設定値:
Windows でいうなら、レジストリを変更出来る
regedit の PocketPC 版です。

1) メモリーカード高速化
HKEY_LOCAL_MACHINE\System\StorageManager\FATFS
にアクセス
CacheSize(すべて0になっているのを)
256(16進法)に変更
次に
HKEY_LOCAL_MACHINE\System\StorageManager\Filters\fsreplxfilt
ReplStoreCacheSizeも同じく
256(16進法)に変更後にリセット。

2) WiFi 設定で電池長持ち
HKEY_LOCAL_MACHINE\ControlPanel\WiFi
ScanInterval
値を 240(10進法)に変更

3) Task Tray からバッテリアイコン削除
[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Shell]
"ShowTitleBarClock"=dword:00000001
[デフォルト:無し。追加する]
0:電源アイコン 1:時計
(Lennysh L11 Windows Mobile 6.1 では問題無くなったかも?)


Bluetooth ヘッドフォン・ヘッドセットを快適に使う設定
音飛び防止
[HKEY_LOCAL_MACHINE\Drivers\BuiltIn\BtA2dpSnd]
"Priority256"= dword:0000003C(60)
 【デフォルト値:ナシ、DWORD値追加】

 ステレオ設定
[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Bluetooth\A2DP\Settings]
"UseJointStereo"=dword:00000000(0)
 【デフォルト値:00000001(1)】

 安定して繋げる為の値
[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Bluetooth\AudioGateway]
"Capability"=dword:0000054(69)
 【デフォルト値:00000025(37)】

 BitPool(音質)の上限
[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Bluetooth\A2DP\Settings]
"MaxSupportedBitPool" 0000003A(58)
 【デフォルト値:30 (48)】

BitPool(音質)
[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Bluetooth\A2DP\Settings]
"BitPool"=dword:0000003A(58)
 【デフォルト値:30 (48)】

A2DP Hang Fix(以前はハングアップがあったらしいのでその対処)
[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Widcomm\BTConfig\SerialTransport]
FlowControl=0
 【デフォルト値:1】

*あくまで俺の使っている Princeton の PTM-BAH2 での値です。


もし ComPOBox乙を使う場合の、変換フォントサイズ設定--
*Atok 使うならいらない

[HKEY_CURRENT_USER\Software\Gawaro\Kctrl]
"FontWidth1"=dword:8
"FontHeight1"=dword:30
"TTFont1"="(好きなフォント)"
"FontWidth0"=dword:8
"FontHeight0"=dword:30
"TTFont0"="(好きなフォント)"



インストールファイル(SD導入順)

- KTCapt:スクリーンキャプチャソフト

- MZ3i 0.8.2.0b5(最新版を確認の事)
mixi ブラウザ

- POSync 0.26d(最新版を確認の事)
Google カレンダーと WM の予定表を同期させるツール
これのお陰で、ActiveSync 要らずw

- まんがミーヤ(現在ディスコン)
高機能写真ビューア。

- TCPMP Full Package + WMV + 6.1
無料最強マルチメディアプレーヤー。必須の一本。
(やった事無いんですが)YouTube もニコニコ動画も観れるそうです。

CorePlayer となぜ二本持ってるかというと、新しい動画や
音楽ファイルを開くと、それまで再生していた位置が
リセットされちゃうんですよね(MortPlayer は音楽ファイルに
限って、ブックマークを付けれるのでこの点に関して便利だった)。

ポッドキャストがまだ途中なんだけど、動画もみたいなあ、
って時は、TCPMP/CorePlayer を使い分ければ解決。
さらに CorePlayer は Bluetooth まわりの対応が優秀なので、
結局両刀使いに落ち着いてます。

- Skype for Windows Mobile
意外と高品質で通話出来たりする。BTヘッドセットでは今イチなので
有線ヘッドフォンと、左上部の本体マイクに語りかけで OK。
娘が産まれたばかりの時は、赤ちゃんモニターとしても活躍♪

- RescoPicView:写真ビューア。
Axim x51v についてきたオマケ。

- PDIC (Personal Dictionary):フリー辞書ソフト

- EBPocket + Wikipedia データ
日本語版 Wikipedia 全データを持ち歩く



最近使わなくなったけど、あると便利なソフト達
- SpaceFinder:何がサイズの大きいファイルか探してくれるソフト

- GSPlayer 2.28:軽量音楽プレーヤー。とにかく軽い&早い。
ソフト側の設定だけで、画面オフの省電力再生も可能。
軽いので、複数同時にアプリを立ち上げながら音楽を
聴く人に最適かも。プラグインで BT ヘッドフォンでの
リモコンが動くとか動かないとか。

- MortPlayer:(なにがいったい最新版かついぞわからなくなった)
多機能音楽プレーヤー。特に長時間のファイルで、
ブックマークが使えるのは本当に便利だった。
当然画面オフの省電力再生も可能。

AVRCP が入っているので、BTリモコンが使えるのだが、
どんだけ頑張って設定しても、早送りは次の曲、
巻き戻しは前の曲、としか設定出来なかったので、CorePlayer と
いつか置き換わってしまった。多分これが出来てたら、CorePlayer は
購入しなかったかも知れない程、俺的には実に惜しかったソフト。


SD に置くだけのソフト一覧

- FoxitReader for WM5.0 + fpdfcjk.bin(PDF リーダー)
- BaseHueExpress (帯色設定ツール)
- memRelease(メモリ解放ツール。意外と良く使う)
- RORA(画面回転ツール)
- PocketGBA(エ)
- Snes9xPPC(ミ)
- PocketWS(ュ)


その他

- Orb を Windows PC へ入れておいて、ウェブブラウザからアクセス。
MMS を TCPMP や CorePlayer から有効にしておくと、持ち歩かずに
動画観放題です。WiFi + 動画再生だからバッテリーの減りが
超早いのが、ちと難点。出来れば充電しながら観ましょう (^^;)

- フォント情報: オリジナル - Courier New/Tahoma
HKEY_LOCAL_MASHINE\SOFTWARE\Microsoft\FontLink
\windows\msgothic.ac3,MS UI Gothic

新しいフォントを \windows フォルダに置き、
\windows\.ttf,
でフォントの変更が可能。

ActiveSync バグ Fix 設定
相変わらず残っているらしい Windows Mobile 5から
(もっと前からある?)伝統のバグ。
電源入れてないのに、放置しておくと、いつの間にかバッテリーが
激しく減るという奇妙なバグの直し方。

プログラム > ActiveSync
1) メニュー > サーバーのソースの追加
2) サーバーアドレス「aaa」
3) ユーザ、パス、ドメイン > 適当
4) 完了
5) スケジュール > 手動 x 2
6) オプション > 作ったサーバー削除

気になる人は、おまじないとしてやっておくと良いかも。



あとがき&感想

ざ〜っと書いてみたけどこんなもんかなー。いや、長かった (^^;)
書きながら既に使ってないアプリや設定が出て来たので、
いい感じでの自分への覚え書きになりました。今までは
SDの中に保存してたので、いつか一度まとめたいと思ってたし。

Windows Mobile 6.1 にしてからの感想は、アプリの起動が
早くなったように感じます。メモリの使い方が賢くなったのかなあ、
って印象ですね。PowerStatusPlus から見ても、メモリ残量が
以前程低く無くなったみたいだし、とてもサクサク動いています
(Max performance/Auto 両方とも)。

当然ですが、WM6 からは SDHC が特別な設定無しで使えるので、
持っている 8GB SDHC もすんなり認識して動いています。
以前は動画を入れまくっていたのだけど、Orb を使うから
なんでもかんでも入れなくて済むし、持ち歩きたい動画だけを
入れ替えれば、8GB で十分です。CF も 8GB あるし、
持て余し気味なのに、16GB SDHC が安いのでちょっと欲しい罠(爆)

統括すると、個人的にはやって良かった!と思える
アップグレードでした!! 後は、覚え書きを参照して、
定期的にハードリセットして、快適環境をキープですね。

うーん、まさか買った時はここまで使い倒せるツールになるとは
想像すら出来なかったですよ。2年以上、ずーっと毎日使えてるので
もう骨の髄まで味わい尽くした感じ。おかげで iPhone も
iPod Touch にも一向に興味が出ません。

少なくとも財布には良い事ですよね (*^_^*)


オマケ

ついでにこの記事を参照に、超簡単安物クレードルを自作してみた。
http://www.lifehacker.jp/2008/10/iphone_5.html

材料はオフィスにあった大きめのクリップ1つだけ。以上。
ほぼ無料です。このクリップを一度真っすぐにした後、
こんな形に曲げます。

CIMG1609 2.JPG

後は置くだけ。ちゃんと自立してるのがわかるかな?
CIMG1616 2.JPG

動画視聴時にカバーを開いても、問題なく立ちますし、
シンク&充電ケーブルも使えます。
CIMG1621 2.JPG
祝!グッドデザイン賞 2008受賞記念>コレジャナイロボ

元々ケース派なので、純正クレードルは使えないし、
諦めていたんだけど、たまに机に座ったまま x51v の
動画でも観たいなあ、って時があるので、
値段的にも丁度良かった。全く損しないので、
良かったら一度試してみて下さい(笑)

紹介されてた記事の通り、iPhone/iPod Touch でも、
折り目を調節すれば多分ケータイでも使えると思いますよ。




posted by Taka@まさちゅ〜 at 10:44| サンフランシスコ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月12日

PocketPC で Wikipedia を丸ごと持ち歩く

先週、LA に行っていた時の事。

合流した幼なじみの友人とハリウッドやらビバリーヒルズやらを
車で移動中、映画「ターミネーター」の話に。
撮影は LA だし、ハリウッドだし、チャイニーズシアターで
シュワちゃんの手形と写真撮って来たし、カリフォルニア州知事だし、
来年に新作が出るし、今テレビシリーズやってるしで、
ある意味、他に何を話す?みたいなテーマである。

と、そこで主演女優のリンダ・ハミルトン、子役の
エドワード・ファーロングですら名前が出て来たと言うのに、
肝心の監督の名前が出てこない。リンダ・ハミルトンと
結婚までした、っちゅー外堀すら埋まって行くというのに、だ。

こうなると意地でも思い出したくなるものなのだけど、
35歳の脳みそは完全に遥か彼方の扉に鍵を掛けまくっているようで、
ぜーんぜんわからず。結局断念して悔しい思いをしたの。
ああ、気持ち悪い。

「こんな時に iPhone あれば一発で検索してやんのになあ」と
日本の iPhone 祭りの中で購入した友達の親父(還暦)を
羨ましがりつつ、どーにかしたいと、San Jose に帰って来てから
かねてからやろうと思っていた「Pocket PC に Wikipedia を
全部入れて持ち歩く」というワザを実行してみました。

相変わらず前フリが長い…… (^^;)


本来なら、Wikipedia が提供しているデータ(xml形式らしい)を
PocketPC が使える形式に変換する場合、かなり大変みたいだけど、
へっぽこエンジニアは楽な方法を選ばせてもらいました(笑)

やっぱり凄い人たちがいて、その作業を定期的にやって
データを公開してくれているので、ありがたく使わせてもらう事に。
http://www.ceena.net/index.php
最新版は、7/24/2008 があったので、それを頂きました m(_ _)m

メンバー登録が必要だけど、無料なのでさくっと登録。
後は適当に好きな Torrent クライアントを使って
データファイルを落としてきます。
Torrent 方式なので、配布してくれている人がいないと
あまり高速では落ちてこないんだけど、丸一日つけておけば
700MB くらいあるファイルは落とせて来れるハズ。
回線の遅いウチでも、寝る前にやって、起きたら丁度終わる
所でした。賞味8時間程度だったかな?

後は解凍して出来たフォルダ(WIKIP)を全部
メモリカードの「ルート」(一番上の階層)へコピーします。
本来なら、どこでも良いハズなんだけど、データのパスを
指定すれば認識もされてるし、大丈夫っぽいんだけど、
なぜかどうしても読み込んで来ないので、コレで対応。

次に PocketPC からデータを読み出すアプリ、
EBPocket を PocketPC へインストール。
http://www31.ocn.ne.jp/~h_ishida/EBPocket.html

無料版と有料版がありますが、今回は無料版で OK。
Readme に従って、Windows Mobile 5 または 6 の場合は
EBPocket.WM5PPC_ARM.CAB でインストールします
(PocketPC 本体もしくは SD から実行)。

俺は常駐しないソフトはほとんどメモリカードへ入れるので、
今回もそのまま SD へインストール。
無事にインストールが終わったら、アプリを実行すれば
Wikipedia のデータすべてが閲覧出来るようになっています!
ある意味百科事典よりもディープな百科事典を
持ち歩けるって凄い!

アプリの立ち上げは少し時間が掛かるけど、検索も決して
遅くないし、問題無く使えます。これは良い感じ。

20080811223746.jpg

で、問題の「ターミネーターの監督」だけど
「ジェームス・キャメロン」でした。
なんで頭の中に「キャメロン・ディアス」が延々と
出てくるのか、ようやく理解できました (^^;)

実は Wikipedia を丸ごと持ち歩く方法って、iPod Touch や
Jailbreak した iPhone でも出来るそうなんですよ。
iPhone/iPhone 3G は普通にネットに繋がるからあまり
ありがたみは無いとしても、iPod Touch なら WiFi 接続無しでも、
Wikipedia が使えるのは便利なんではないでしょうか。



posted by Taka@まさちゅ〜 at 14:23| サンフランシスコ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月25日

日本での x51v

予想通りというか、当然というべきか、やっぱり日本でも
大活躍してくれました x51v!!

3年前に帰った時に比べて、やはり無線 LAN が一般家庭でも
当たり前になっていて、大抵の家は遊びに行くとちょっとした
設定で繋がせてもらえてありがたかったです。

やっぱりどこへ行っても基本「お客さん」なので、
好き勝手に PC をいじらせてもらうワケにいかず、
ちょっとした調べものやら RSS 巡回やらメール、
mixi などのチェックが気軽に出来るのはかなり
ストレスから解放されましたねー。

車での移動中は音楽プレーヤーになり(FMラジオも普通に
聴いてたけど)電車移動中は乗り継ぎ案内や時刻表、
ホテルの場所なども控えておけるし、久しぶりに会った
友人に見せる写真も山程持って行けたし……。
さらに予定表を見直すだけでも、簡易日記帳になってるし(笑)

しかし今回のハイライトはなんと言っても
"Skype の新しい活用法" に尽きますね!

SkypeWM.jpg

ウチの実家は築21年のツーバイフォー住宅なんだけど、
建てた当初は俺も兄貴もいたので、4人家族には丁度良い広さ
だったのですが、現在は病気の婆ちゃんと両親の3人暮らしで
持て余している状態。で、滞在中は今は使われてない二階の
マスターベッドルームを美空と三人で使い、隣の俺の部屋
だった所を、俺達の荷物スペースにするという
こっちの家からは考えられない程贅沢な使い方をしてきました(笑)

このだだっ広いのも一つ問題がありまして、年末年始に
人が集まった時に、二階で美空を寝させていると
まったくと言って良い程、起きた時の泣き声が聞こえない。

数年振りに会う人や、下手したら今回が最後かも? (^^;)
って人もいるんだから、出来るだけ会っておきたいんだけど
みんなと一緒じゃ美空が興奮して寝れないし、
かといって上で寝かせて来ると、10分おきに様子を
見に行かないと不安だし……。

と、まあ本来なら「赤ちゃんモニター(簡易トランシーバーの
ようなものです)」を買うのも良かったんだけど、
帰って来てから使わないものを買ってもなあ、という思いで
ちょっと購入に踏み切れなかったんですね。

21M0Z7Y327L._AA115_.jpg

そこでふと「あれ?そう言えば PocketPC に Skype 入ってたな…」
と思い出し、下の階の PC と通信させてみると、これが想像以上に
高音質で、さらに x51v のマイクの感度も良いらしく、寝息まで
しっかり聴こえて来るんですよ!(笑)

下では宴会で騒いでるから、起こさないように PC側の Skype は
マイクミュートすればなお完璧。当然 x51v 側で音声ミュートを
しても良いんだけど、後で使う時に設定が変わってると嫌なので
(PC側の Skype はマイクミュートしてても、次回のセッションでは
自動的に復活するんですね)。

画面だけ OFF にしてれば、バッテリーは3時間くらいは軽く持つし、
実際それ以上寝てる事も無かったので、十分実用的でした。
さらにクレードル使えば、電源の心配は無しですね。

で、この記事を書こうと思って、赤ちゃんモニターの画像を
探してたら、なんとセキュリティ面で赤ちゃんモニターって
意外と危ないものも多いらしく、モノによっては盗聴
されやすいんだとか。知らなかった。

……まあウチの場合美空の寝息を盗聴してどうする、
って感じなんですけど、結果的には安全に赤ちゃんモニターを
出来てたので、それはそれで良しとします(笑)

夜に家へ帰ってからは、PocketPC をあまりいじらないって人、
またはもう使ってないモデルを持ってる人には、
なかなかオススメの活用法ですよ!


posted by Taka@まさちゅ〜 at 11:48| サンフランシスコ ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月19日

iPQA 210

iPAQ210.jpg

iPAQ 210 本日より販売開始 キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!

まだまだ Axim x51v が現役だから買い替えたりはしないけど、
x51v は既に生産が終了されてる機種だけに、買い直しの選択肢が
残るのは素直に嬉しいなあ。

主なスペックは:
Windows Mobile 6 Classic
Marvell PXA310 624 Mhz
メモリ:128 MB SDRAM
フラッシュ:256 MB Flash ROM
スロット:1 SDIO、1 CompactFlash(x51v ユーザにはここ重要!)
ポート:1 miniUSB、1ヘッドフォン端子、1マイクロフォン、1ドックコネクタ
画面サイズ:4インチ TFT 480x640
無線通信:11b/g(おっ!)、Bluetooth 2.0 EDR
大きさ:76 x 16 x 126 mm
重さ:92 g
バッテリー:2200 mAh リチウムイオン

大きさ&重さは、バッテリーが大容量化した分
(単純に容量だけなら倍)微妙に x51v より重い程度かな?

miniUSB は USB ホストの機能があれば色々と遊べそう!

CPU の正確な数値は見つからなかったんだけど、色々調べてみたら
x51v の Intel XScale 624 Mhz CPU よりも Marvel PXA310 624 Mhz の
方が省電力で、Build-in グラッフィクサポートらしい。

もともと x51v もビデオ再生がイイって機種だけに、ここは
省電力の向上に期待かなー。WiFi なんて点けっぱなしで
全然大丈夫、みたいにならないかな?iPhone みたいに
スムースに動いてくれるかなあ(WM6 って時点で無理か ^^;)

EM・ONE が同じ Marvell社の PXA270 520 Mhz で
Windows Mobile 6 Classic だからそれよりも
レスポンスが早くなるのは間違いないかな?
(2007年末にヨドバシカメラで触った時に、
ちょっとレスポンスの悪さに驚いたんだけど…。
最適化してないから?)

まあ、数週間もしたらどっかでベンチマークが出るでしょう。
楽しみに待つ事にします♪
posted by Taka@まさちゅ〜 at 04:04| サンフランシスコ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。