2008年08月15日

無料でおかき食べ放題&おちゃ飲み放題の店

http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20080814_harimayahonten_okaki/

これはヤバイ。ヤバ過ぎる。
俺の大好物「おかき」が食べ放題な上に無料なカフェ。
しかもお茶も飲み放題。スゲェ!!

十分な暇つぶし(本とか携帯ゲームとか)を用意していれば、
冗談抜きで、開店から閉店までずっと食べ続けてる自信があるよ。

おそらく、こうやってメディアに取り上げてもらう事での
広告効果や、実際に来た人の口コミ、さらに来た人が買う
通販などで収益をあげているんだけど、本当に思い切った
サービスだと思うなあ。

路上生活者とかが舞い込んで来たりしないんだろうか? (^^;)

虎ノ門の東京店にはなかなか行けないかも知れないけど、
帰省する度に京都には行ってるので、ひょっとしたら
次回に行って来れるかも?1時間程ずっとボリボリやりたいぞ(笑)
posted by Taka@まさちゅ〜 at 02:49| サンフランシスコ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月07日

日本感想:買い物編2

ん〜、それにしても日本の家電量販店は最高に楽しいな♪

あんなものやこんなものな最新技術がたっぷり詰まったものまで
普通に陳列してる!そしてみんなそれを何気なく見てる!!
違う、違うんだよオヤジ!! アンタが手にしてるそれは、
「見づらい」ものじゃ無くて、ビデオ・ワンセグ・ノイズキャンセル
までこなすスゲエ音楽プレーヤーですから!

違う、違うんだよおばちゃん。「へー、このピコピコは映画じゃないの?」
って、PS3 の「グランツーリズモ5」捕まえて、ピコピコ……って(笑)

技術のソニーもエコなサンヨーも巨人 NTT も

高齢化社会の前に撃沈

…っちゅーか、普通にみんなオーバースペック気味ですよね。
それが凄い事なんだけど、実際にテレビは見れればいいし、
電話はかけれれば良い、洗濯機はちゃんと洗えれば良いだけ。

ただ、その為に血反吐を吐いて世に送り出して来たエンジニア達の
技術の結晶を無駄にしちゃぁいかぁぁぁぁぁん!
とも思うワケですよ。あんなハイテク製品達、このあたりじゃ
なかなかお目にかかれないですよ。SONY のショールームとか
Apple Store とか、そういうレベルなんだってば。

keitai.jpg

もう俺なんてマニュアル熟読派だから、製品を手に取って「ふーん。
良くわかんねえや」なんてやってるじいさんは、とっ捕まえて
独演会開きたいくらいです。すげーんだぞ、コレ!ビバ日本の
技術力だプロジェクトXだコノヤローって(笑)

が、逆に言えば「誰でも普通に使える」ものが、本当に
市場に認められて生き残ったものなんだなあ、とも思う。
HDDレコーダーしかり、携帯電話しかり。

まあ基準はウチのオヤジが使えてるか、なんだけど(笑)

ところでおもちゃ売り場がマニア好みというのか、
ニーズを広げたっていうのか、ガンプラが凄い多かった気がする。
昔は家電量販店って言えば、TVゲームやパソコンソフトなどが
いわゆる「おもちゃ」扱いだったような…?

んでもって、そのガンプラのラインアップもクオリティも凄い。
凄過ぎて全部買いたくなって、全て陳列したい!でも無理!!

gunpra.jpg

ん?待てよ……。もし全部買えるのだ、と仮定しよう。
しかしアメリカには持って帰るのが大変だ。
出来たとしても組み立てる時間が無いな。場所の確保も大変だ。

その点、この売り場はガラスディスプレーで綺麗に見本が
並べられてるし、常に最新のモデルもあるし、種類も豊富だ。
まさに理想の場所と言えるよな……。まるで

ヨドバシカメラはウチの倉庫

だとしたら、という妄想したら、なんかお腹いっぱいに
なっちゃった。しかも無料で預かっててくれるし、
次々と最新版を買ってくれるなんて、えらい太っ腹だな(笑)

っちゅーワケで、今回は巨大倉庫を確保した(事になった)ので
ほとんどお土産を買うだけで終了。

なんかとてもスッキリで満たされた気分です。


overspec.jpg

これはこれである意味オーバースペックなおもちゃ(笑)
posted by Taka@まさちゅ〜 at 10:57| サンフランシスコ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月17日

日本感想:買い物編1

今回は子供を連れて初の帰省にだったのに加えて、
2ヶ月近い長期滞在だったので、子供の服を置いて来ると
あっという間に着れなくなっちゃうので、山程子供の
服やら用具やらを持って行く事になった。

そのしわ寄せは全部パパにやって来てしまい、
自分のリュックに PocketPC やらデジカメやらを
詰めれるだけ詰め込んで(さすがにケーブル類はスーツケースに
ねじ込んでもらったけど)、着替えはヨダレで汚される
恐れがある予備のシャツ一枚を入れただけで、
後は一切の衣類を持って行く事無く帰国。

ホントに着るものが何も無くて、下着などは通販で送りつけておき、
帰った瞬間に成田のユニクロで寝間着を、となりの薬局で整髪材、
洗面具などを買いそろえた程。

とはいえ、着替えが予備のシャツ一枚じゃさすがに行動できん、
って事で、海老名にある近所で一番大きいショッピングセンターの
VINA ウォークへ買い出しに行きました。

vina.jpg
ユニクロもあるよ(またかい)

うーん、やっぱり日本のデパートは楽しいなあ♪
なんつっても「百貨店」だしね。本当になんでも揃う。

で、一番ワクワクしたのはデパ地下のスーパー。
ここでは丸井があって、一階が食料品売り場だから、
正確には地下じゃないんだけど、その品揃えとお惣菜の
充実振りと価格設定が、普段行くミツワやニジヤの
海外インフレ関税上乗せ価格と違い、「そのまんま」なのが
嬉しいのだ。

あれもこれもそれもどれも買いたい!って事で、一気に買いだめ
しちゃいましたよ。お惣菜も安くて美味いもんだから、
アホみたいに買い込んでしまった。まるで金持ちになったかと
一瞬錯覚してしまった程 (^^;)

買い物.jpg
美空も楽しそう?

そして大量に買い込んだ食材をレジに持って行くと、
時間帯が悪かったらしく、コレが大混雑!! う〜ん、こりゃ
30分くらい並ぶかなあ、といつものミツワの感覚で、
ちょっとでも早く終わらないかな、と列の少ないレジを
探そうとキョロキョロしてたら、なんか全然焦ってない感じの嫁さん。

「どこでも一緒。すぐ終わるよ」と呟いたかと思うと、
たちまち前の人達が流れて行く。えーっ!? アンタ予言者かい?
と不思議がってると自分の順番の時にその理由が分かった。

まずレジ打ち担当の人が、

手の残像が見える程

のスピードでバーコード読み込みカゴに放り込んで行くのだ。
本当に大げさじゃなくて、1秒に2品づつくらい。

で、その先にはパートナーの袋詰め担当がいるんだけど、
この人もまあ早いのなんのって。

結局列は絶え間なく動き、流れの中で一番遅かったのは
お金を出すお客さんって程。

アレって一体なんの国家資格?

と思ったくらいでした。


んでもって、今回年を取ったのか、成長したのか、海外で
揉まれたのかわからないけど、ちょっと変わったなあ自分、
って思った事が一つ。

ジーンズを新調しようと上の階のお店に行ったんだけど、
色々な種類があって迷っていたんですよ。で、いくつか
興味があった中に「脚長ジーンズ」と「細身フィット」って
名前だったかな?ってジーンズがあって、この「脚長ジーンズ」の
方がサイズ的に丁度良いのが有ったのです。

さて、困った事に最近のジーンズの種類の意味が良くわかって無い俺。
近くに説明書きも無いので、側にいたおばちゃん店員さんを
捕まえてみると「あらー。あたしじゃ良くわからないわぁ。
ちょっと待ってね。おーい、XXちゃーん」と奥から若くて
可愛らしい女性店員さんを呼び出して来た。

10代、20代の頃の俺なら「ナニおめーみてーなキモヲタが
オサレさんのジーンズとか買おうとしてんだよケミカルウォッシュと
バンダナとアニメシャツで十分だろこの人生の負け犬め!」
という店員様の心の声が聞こえて来るような気がしたりした
もんですが、もう俺も 34歳です。勇気を振り絞って質問してみました。

俺:「あのー、この『脚長ジーンズ』って

脚が長い人用なんですか?」

店員:「(ぶっ)えっ、い、いえ。それは『脚が長く見える』と
いうデザインのジーンズなんですよ〜(がんばってにっこり)」
俺:「お〜、そうなんですか。(…今、間違い無く吹いたよな?)
基本誰でも履けるんでしょね?」
店員:「(俺の脚を数秒見てから)……そうですね。大丈夫、です」
俺:「おっ、そりゃ素晴らしい。じゃあコレ頂きます!」

と、そこでこちらもにっこりと微笑み&人差し指と親指で
オーケーサインを作って返せるくらいの余裕がありました。

これが以前の俺だったら吹かれた時点で鬱が発生。
脚の長さを見られた時点で、トイレに入ってから数時間は

膝を抱えて泣いてた

ハズですから。

強くなったな、俺 (T-T)

posted by Taka@まさちゅ〜 at 07:57| サンフランシスコ ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月16日

日本旅行記

今回の旅行は俺にとって実に三年振りの帰国だったので、
色々と新鮮に見えたり、進化に驚いたり、変わらない事に
和んだりしていました。

こりゃ面白いなあ、と PocketPC 使って色々と書き留めていたので、
楽しかった日本の余韻に浸りながら、だらだらと感想を
書いていこうと思います。


驚きその1:飛行機編

basinet.jpg
美空は横になれてラクチンでええのう♪

今回も ANA にお世話になったんですが、やっぱりこれは
しょっちゅう飛行機に乗る人、特に海外の航空会社を利用する人には
同意してもらえると思うんだけど、まあスッチーさん達の親切な事!

赤ん坊連れだったので、特に配慮してくれたのか、色々と
声を掛けて頂いたり、赤ちゃんグッズを貰ったり、果ては
トイレの前で蜂合わせたスッチーさんと赤ちゃん談義まで!

……フライト中にスッチーさんと個人的に話をしたなんて、
何十回として来たフライトの中で初めてだぞ!偉いな美空(爆)

後は地上に降りてからも、子供連れだと荷物をカートに積むのを
手伝ってくれたり(俺より細腕の女性にしてもらうのは、
ちょっと気が引けるが、ヘルニア持ちと言う事で許して)
最後まで至れり尽くせり、なのですよ。

いや、いつも親切にしてもらってればここまで感動しないんだけど、
やっぱり米国系の航空会社は、なんつーか、もう口に出すのも
はばかれるくらいサービスにゲンナリしちゃうんで…。

最近はどの航空会社も原油高のせいで食器を軽量化したり、
機体の塗装を改良して軽くしたりと、色々と努力はしてる
みたいだけど、その前に

通路を全部塞いでしまう程太った乗務員

をなんとかする方が先決かと思うんですが(笑)

通れないなあ、と通路が空くのを待ってると、迂回を勧めてくるし
(あんたが少しズレたら解決よ?)座ってりゃ肘 or 脚にトレーを
ブツけて来るし、スマイル一つ無いし……そりゃ労働組合の力が
大きいから強いんだとか、そういう内情はいいから、民事再生法を
適用されてるんだから、もう少し頑張れよなぁ>某U航空。

いつも思うんだけど、運賃て体重によって分けてくれないのかな。
それか荷物も含めた体重との総重量で分けるとか。
燃料費が高騰しているなか、一律って不公平だと思うんですよ。

だって、150kg の体重の人が 22kg のスーツケース二つ、20kg 程度の
手荷物を一つの場合と、50kg の人が 15kg の手荷物一つで同料金って
やっぱりヘンだよね? 左が 2m と越すあんちゃん。右が 100kg は
軽く凌駕しているおばちゃんに挟まれて飛んだ事がありますが、
おかげで俺のスペース約 30%減(座席が狭いから俺の方に
はみ出て来ます)。うーん、やっぱり納得が…… (^^;)
貧乏人は我慢しなきゃいけないって事でもあるのか。


驚きその2:就寝

watafuton.JPG

帰って来たその夜、久しぶりに「ぎゃぼーっ」と思わされたのが
掛け布団の重さ&敷き布団の薄さである。考えてみりゃウチの
実家はもう築21年。その時に揃えたお客様用布団だから、
その時の主流で、綿布団なのである。で、この綿布団。
中身が詰まってれば詰まってる程、重たければ重たい程高級、
という定義らしいのだ。

どのくらい重いかと言うと、布団をめくろうとして、
手を掛けて持ち上げたら、あまりの重さに親指が反り返って

ぐきっとねんざ

しちまいました(涙)さらに追い打ちをかけるように、
敷き布団の薄さが床の固さをこれ以上無く性格に再現していて、
加えて布団の重さが体の痛みを倍増させてくれるというオマケつき。

初日は我慢したけど、二日目からはさすがに寝れない、と
両親に訴えると「なんだよー。おとうさんは我慢して羽毛布団と
交換しておいてあげたのに」って

逆ベクトルに我慢大会かよ!

お互い喜んで布団交換をして、さらにマットレスを敷き布団の
下に引けるように押し入れから出してもらったんですが、
数年間使ってない&急に出して来たお陰で、どうやらダニが
いたようで……。

体中刺されて、

二日目もひき続き悶絶

するハメになりました(涙)

翌日は脚を掻きながら、数千匹とかいるのかなぁ。
正に阿鼻叫喚だよなあ、灼熱地獄だなあ、と思いを馳せつつ、
気持ちよく布団を干しましたよ。

リベンジ完了(笑)
posted by Taka@まさちゅ〜 at 07:08| サンフランシスコ 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。