2009年03月14日

お引っ越し

と言っても、自宅ではなくて、社内で部署の場所が変わったのです。

なんだかんだと9年も勤めていると、ゴミなのかそうでないのか、
わからない物も多く、今回は多くの物を思い切って「てやっ!」と
捨て切りました(その多くは前回の移動時から全く使わなかった
物ばかりだったので……)。

でもって、おもちゃ類は、近所に出来た「ダイソー」にて
フィギュアなどを飾れるプラスチックケースを大量に買って来て、
まとめて飾ってみるとスッキリ。積もるホコリはブラシで簡単に
とれるようにした。ちなみに Mac/PC の壁紙も、フィギュア類と
同じ系列でまとめてます。ぶっちゃけガンダムかファミコンだ(笑)

綺麗に片付いたので、新しいカメラを持ってたので激写。
24mm 広角ワイドレンズが効いてますねー。

NewOffice.JPG


窓際の席をもらえたので、外をみると、玄関前の花壇が一面に見えます。
まるで「役員の机みたいだ……」と思えるほど、入社以来最高の好環境。
夕暮れ時にブラインドに指をかければ、石原裕次郎ごっこまで
出来ますよ(爆)

こりゃー、なんか悪い事でもある前触れか……と思ったらやっぱり
ありました。続きはまた後日! (^^;)

posted by Taka@まさちゅ〜 at 16:35| サンフランシスコ ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月11日

ようやくヒゲが剃れる

感謝祭休暇に入るちょっと前に、いよいよ電動髭剃りが
ぶっこわれまして、最近無精髭になってました。
風邪っぴきがコレに拍車をかけ、一層悲壮感漂う見た目になってまして、
必要以上に「なんかヤバそうな人」と見られる状態でした。

ぶっ壊れた髭剃りは、一度美空を風呂に入れている時に
背中に当たって落っことしちゃいまして、その時に電源部の
接続がおかしくなったらしく、100回ボタンを押したら
ギリギリ電源が1回入る、というような状態。

それもいよいよ 300回程必要になったあたりでギブアップ。
朝の貴重な時間をボタン連打に使ってられるかっつーの (^^;)

で、休み前に Amazon で購入して、後は届くのを待つだけ…
と思ってたら休み明けに「ごめーん。やっぱり在庫無かった。
もう工場でも作ってないみたいだからキャンセルするね。てへっ」
というナメたメールが来て、
無かった事にされました… il||li _| ̄|○ il||li

ここで一本頭のネジが緩んでしまった俺。
「そうか。安物だからイカンのだな。安物だから壊れ、
安物だから在庫が無く、安物だからナメられるんだ。そうかそうか」
と(俺にとって)高級機種の購入を決定。

やっぱり長く使うなら日本製でしょ、と産まれて初めての
Panasonic にしてみた。しかも初の「全自動洗浄機能付き」である。
……ホントは、たぶんいらないけど(爆)

Panasonic ES7056S Vortex Triple Head
HydraClean Men's Shaver って名前だそうです。長い(笑)
higesori2.jpg

まあまあ、ひょっとしたらちゃんとクリーニング出来る事によって
刃が長持ちするかも知れないし、バッテリーもヘタりが遅いかも
知れないし、何事も経験でしょう。


で、とりあえず使ってみた感想:

ぼーぼーだった口ヒゲも、のどの剃り残しも全く痛みが無く剃れました。
しかも石けんも何もつけてないのに、奇麗に剃れただけでなく、
カミソリ負けでヒリヒリしないのに驚き。

剃りの深さは以前の Brawn とあまり変わらないかな?
ヒゲは伸びてくるものなので、まあこんなもんなのでしょう。

とにかく「痛みが無い」のと「手入れが楽」ってのは良いですね。

どっかで読んだレビューによると「一ヶ月に一回洗浄しても、
ほぼ毎日洗浄しても、洗浄液の濃度が変わる訳では無いので、
結局交換時期は一緒」とあったので、とりあえず3日に1回くらいの
頻度で様子見してみます。

予備も含めて洗浄カートリッジが4つあるので、1年くらい保ってくれたら
優秀なんだけどなあ。そもそも、今まではいつもシャワー内でささっと
すすぐ程度の手入れしかしてなかったのだから、カートリッジ無しで
洗浄しても結構奇麗なんじゃなかろうか?(爆)


higesori.jpg
初の試し剃りは美空がやりました。
うっとりしてますけど、気持ちいいのか? (^^;)



posted by Taka@まさちゅ〜 at 09:45| サンフランシスコ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月30日

アメリカのホリデーシーズンと言えば…

パパ達が無意味に家の仕事を頑張る期間なのですよ。

間違った方向へ力が入るというか、時間が余りがちな上に、
家族と過ごす時間が長いから、普段の名誉挽回を試みるというか、
妙に大きいクリスマスツリーの飾り付けをしたり、
家中に電飾を取り付けたり、絶対に食べきれない程の
ターキーを焼いたりと、無駄にデカいプロジェクトになりがちです(笑)

で、やっぱりウチにもデカいプロジェクトの波が来ました。
そう、以前マイミクの kabe 君が漫画を読みながら座っていた場所へ、
立ち上がった直後に落下して来た天井ライトのガラスカバー。
もう数分ずれてたら大惨事になるところだったのだけど、
悪運強く無事だった kabe 君。きっと彼は就職した会社が倒産しても、
一人顧客に拾われて行くような強運があるような気がするよ (^^;)

書斎にある、以前落ちて来たガラスカバーと同タイプのライト。
1009214265_159.jpg

それ以来ずっと裸電球状態で使って来たリビングの天井ライトでしたが、
嫁さんと美空が先月日本に帰ってる間に、新しいものへ取り替えて
おく予定でした。しかし、ごちゃごちゃしていて上手く計画通りに
事が運ばず、そうこうしているウチに嫁さん達が帰国。

そうしているうちに、嫁さんから「リビングが暗いから、
レール型のライトにして部屋の端まで明るく出来るように
したらどうかな?」となかなかな妙案が出されました。

調べてみると「トラックライティング(Track Lighting)」と言うそうで、
専用ライトならばレール内のどこへ配置しても良いらしく、
さらに個数も電圧さえオーバーしなければ何個でもイケるらしい
(電圧オーバーよりも、合計の重さに耐えられなくなりそうだが)。

なるほどなるほど、コレならリクエストにしっかり応えられるし、
じゃあ購入かな?とレール、電源部、ライト、電球……と一式
近所の Lowes で揃えようと、まずネットで商品詳細をリサーチ。
特にライトはデザインの良いモノが欲しい(嫁さんの許可が出るような
デザインでないといけない)。

レール:8フィートでOK。電源部:小さいのと大きいのを両方用意。
ライト:330度回転式。レール対応。電球は含まず。
電球の種類はハロゲンで……。


え、ハロゲン?

今の時代にハロゲンなの!!??
ハロゲンは確かに明るい。しかし高熱を発する上に、消費電力が
アホみたいに高い、家庭内ライトとしては致命的に非経済的な
ライトなのだ。

ううううううん。困ったぞ。もしハロゲンにしか対応していないのなら
このトラックライティングにする意味が無くなってしまう。
かと言ってトラックライティングの魅力も捨て難いし…
と、必死でリサーチしていたら、このライトに対応する
蛍光灯電球(CFL)タイプの物がありました!

1個 10ドルと値段は張るけど、とても長持ちするし、消費電力は
14ワットと圧倒的に低い。ちなみにハロゲンを使った場合、
200〜300ワット。一般消費者なめとんのか (^^;)

さらに調べたら、LED タイプの物も見つかりはしたんだけど、
こちはら十分な光量を確保しようとすると、1個 50ドルくらいに
なってしまうので、残念ながら却下。多分向こう 20年は交換しなくて
良いので、長く済む分には良かったのかも知れないけど、
ウチには 10000時間もつと言われてる CFL で十分です(笑)

さて、いざ取り付け……なんですが、テレビやPCのケーブルの
配線&接続なら出来るけど、電気工事自身はやった事ないぞ。
せいぜい子供の頃に、ファミコンのRFケーブルをテレビに
繋げるために、銅線を削りだした経験がある程度で、あとは
中学生の時に技術の授業をしたくらい。

そこで専門家に頼もうと、町の「便利屋さん(Handy Man)」に
依頼したんですが、しっかり対応してくれる大手は、1時間に 150ドル。
延長 30分で 50ドルの請求。町のおっちゃんがやってるような、
安い所は、1時間 45〜50ドルなんだけど、「ああ、じゃあ
後でスケジュール確認したら電話するよ」と言ったきり折り返さない
所ばっかり。その後留守電に残すも音沙汰無し。全く信用出来ない
人たちなので、依頼する気も失せました。

残る手段はホームセンターにたむろしているアミーゴ達を雇って……
じゃなくて、自分でやってしまう、という方法。
せっかくの連休だし、やったろうじゃねえか!
と、How-To 系のビデオサイトやマニュアルサイトを
山ほど読みあさりました。

代表的なのはこんな感じ。
Better Homes
http://www.bhg.com/home-improvement/lighting/installation-how-to/installing-track-lighting/?page=2

Home Depot 版
http://www.homedepot.com/webapp/wcs/stores/servlet/ContentView?pn=Track_Lighting〈Id=-1&storeId=10051&catalogId=10053&cm_sp=dept-_-d27-_-track-_-know-how-_-projects_installing_track#

どこも「簡単だよ〜」って書いてあるけど、よくよく読んでみると、
とりあえず、共通している項目がいくつかあり、その内容が
上で書いた「ファミコンで RF コードの銅線を削り出す」内容
そのまんま。うおおっ、オタクの技術は不滅ナリ!!(爆)

って事で、後のわからない箇所は出たとこ勝負になりました (^^;)
上手く行けば1時間程度で終わるだろう、と予想して、
嫁さんの幼なじみが遊びに来る前に終わらせておこう、と作業開始。
パパすごーい!! 素敵!!!! こんなのどうやってやったの???
という賞賛が聞こえてくるようだぜ。ふはははは。

……開始 30分後

サイトの説明と全然違いますがな

il||li _| ̄|○ il||li

いやいや、基本的な所は合ってたんですよ。銅線削りだしとか。
ただ、ウチの築年数が古すぎて、配線とか固定する器具が
ちょっと最近のものと合わない状態になってたんですね。
おかげで、電源部は最後までネジで固定出来ず、
かといって無理に止めると、今度は希望する方向へ向けないので
単純にレール部に吊ってもらってる状態にして解決しました。

後はパーツの説明書に「天井に穴をあけろ」だの(実際はあけずに
済みました)「この方向からハメる」の方向が全然方向違いだったり、
とてもアメリカンでアバウトなパーツ達に四苦八苦しながら
なんとか工事終了。なんとここまで3時間!! ずっと上を向いていたので
超首が痛い (^^;)

ホコリがたつし、遊びたがるし、電気を全部オフにするので、
テレビも見れないし、って事で美空と嫁さんを外に追い出して
いたのだけど、帰って来た直後に「ぴんぽーん」と友達も到着。
空き箱やらゴミやらが散乱している状態で、
本当はなんでも無かったかのように「ふっふーん。今日コレやったんだ。
凄いでしょ?」って感じにしたかったのに、頭もシャツもホコリだらけで
「ああああ、ごめんゴメン。もう少し待っててぇぇぇ!」
という招き方になりました。ホントごめんなさい m(_ _)m

でも、なんだかんだと結果は上手く行ったし、全部組み立てて、
ブレーカー戻して、スイッチを入れて、不良も無く全部
電気が点いた時はちょっと感動しましたよ。


工事後はこんな感じになりました。角度調節しないと、
ちょっと眩しすぎるかも (^^;)
1009214265_104.jpg

こんだけ明るくて1個 14ワット。5個でも 70ワットなので、
普通の白熱電球1個よりも全然経済的。素晴らしい♪

帰宅後「おお〜。凄い!」と嫁さんに言ってもらえたので、
パパはそれだけで面目躍如でした。えっへん。

……さて、節約出来た工賃、なんに使おうかな?(てへっ)




posted by Taka@まさちゅ〜 at 07:38| サンフランシスコ 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月10日

なぜアメリカ人は楽天的な人が多いのか?

という記事を読みました。
http://www.lifehacker.jp/2008/10/post_272.html

あははは、当たってるなあ、コレ。
そして俺も、嫁さんに呆れられる程、楽天的ですし。

どちらかというと、気構え的には
「辛い事なんて考えてたらやってられない」じゃなくて
「踊る阿呆に観る阿呆。同じアホなら……」
って感じですかね (^^;)

また、記事の中で「やたらと押しが強くて空気が読めない帰国子女」
って記述があったんですが、ウチの子もやはりこうなるの
だろうか…… il||li _| ̄|○ il||li

いや、目指せ大和撫子(笑)
posted by Taka@まさちゅ〜 at 03:01| サンフランシスコ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月26日

今日から一人

嫁さんと美空が今日から日本へ一ヶ月出張(?)なので、
俺は4年ぶりくらいの一人暮らし開始です。

まだ実感が湧かないんだけど、家に帰った時に
「パパーっ!」と出迎えが無かったり、朝起きた時に
ハイテンションで飯を食ってる声が聞けなかったり、
「バイバイ」と見送ってくれなかったり、と思うと泣いちゃいそうです。
あれ?なんだかモニタが霞んでますが、なんでしょうこれ?

この一ヶ月で気をつけてやっておこうかな、と思うのは
・野菜も食べる
・朝は軽くても朝食を(バナナだな)
・筋トレ
・怖いテレビを観ない
・夜更かしをしすぎない
・終わってないゲームを一気に!
・生存メールを1日1通 (^^;)

などなどですかね…。ま、小学生レベルですけど何か?(笑)

「怖いテレビ観ないようにしないとなー。色々後々怖い事になるしなー」
と話を嫁さんとしていたら、「そうだねー、一人でトイレ行けないよね」
って一人暮らしなのに誰とトイレに行けというのでしょうか。

誰か着いて来てくれたら余計怖い……  
(((( ;゜Д゜)))ガクガクブルブル


見えない人連れてったりしないから、誰か一緒に遊んでください(笑)

posted by Taka@まさちゅ〜 at 06:37| サンフランシスコ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月25日

リーマンと AIG の事

wallst.jpeg

なんとなくぼんやりはわかっていたつもりだったんですけど、
ここのサイトでとてもわかりやすく説明されていました。

GIGAZINE: リーマン・ブラザーズとAIGが破綻、それが一般人の生活に今後どのように影響するのか?
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20080924_lehman_and_aig/

ちょっと長いけど、最後まで読むとなぜリーマンが破綻して、
AIG が米国政府の補助を受けれたのかがわかりやすく説明されています。

ちなみに一般人にどういった影響が出るのか(でそうなのか)も
書いてあるので、参考になりました。

米国の住宅ローンはもうボロボロなので、今後さらにローンを組む時は
相当な高金利で借りる事になりそうです(貸してくれないのではなく、
しっかりと儲けが出るように貸したくなるから)。

ただ、これも一回りすると、誰も借りれなくなってくるので、
日本みたいに金利が下がりまくって、1〜2% くらいの水準で
ローンが組めるようになるかも知れませんよ?

現金を持っている人はしっかり貯金をしたり、収入の多い人は、
その仕事をがっちり押さえておいた方が良いと思います。

バブルが弾けた時の日本のように、今は我慢の時かと。
で、良い買い物を良い条件でするように、力を蓄えておく、と。

ま、それが難しいから、いつの世も金持ちが強いんですけどね (^^;)



posted by Taka@まさちゅ〜 at 03:57| サンフランシスコ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月05日

超盛りだくさんだった週末(日曜日〜月曜日編)

〜日曜日〜
朝起きるとまだ膝に痛みがある。んー、サッカーもやって出来ない事は
無いんだろうけど、リーグ戦の方に影響が出たら嫌なので、
無理はしないで、この日も家族サービスに終始する事に決定。
「サッカー行かないって決めたら行こう」と言っていた、
サンタクルーズにある「Shumei Farm」という日本人の方が
経営している(お手伝いをしている?)農場の収穫祭があり、
野菜の直売やら無料のランチやら、コンサートやらが
あるって事なので、行ってみる事にした。

道中、ナビには「またやらかしたか!」と思わせられるような
山道を案内されたけど、どうやらそれが正解だったらしく、
予定より早いくらいで到着。山腹にある大きな農場で、
コンサート(と、言ってもアマチュアバンドやら、
子供のコーラスとかが順番で出てくる、発表会みたいなもの)
の音がこだましてとてもイイ感じだった。

鑑賞中に隣の家族が立ち去る際に、目の前でお尻をはたいて、
ワラ&土ぼこりがウチの家族中に飛んで来たとか
(赤ん坊がいるでしょーが!)、座ってる目の前に、どでーんと
後から来て鎮座したヒッピー崩れの中年夫婦に目の前を塞がれたとか
(赤ん坊の前に座るなっちゅーの!)色々と不満もありましたが、
ランチも美味しく、メインイベントの太鼓コンサートは
とても素晴らしかったです。

一人エキゾチックな顔立ちの、ハーフの女の子がいて、
手足も長いし、すげー美人だったので、もうそれだけで
他の不満も吹き飛び、お腹いっぱい。

taiko.jpg

ビバ家族サービス(爆) 

それはさておき、混雑する前に、とコンサート途中で抜け出して、
野菜の直売を済ませて、とっとと帰宅。で、運転を始めると
嫁さんが「ここまで来たら海が近いよねー」と一言。
俺:「そうだなー(ナビを見ながら帰宅方面へ進行中)」
嫁:「そっちじゃないでしょ!」
俺:「へっ?」
嫁:「海に行くって言ったじゃない!!」
俺:「言ったか?」
嫁:「たった今言ったでしょ!早く曲がって!!」

……いつの間にそういう事になってたのだろう??
どっか他で聞き逃してたのか? (^^;)

ただ、適当に勘を働かせて向かった所で、俺の方向感覚では
間違いなく迷う自信があるぞ(えっへん)。
嫁さんは「太陽があっちだから、ここは右折」とか言ってるけど、
そもそも曲がりくねった山道を走ってるのだから、最終的にどこへ
出てしまうかわかったものではない。ナビも決して賢く無いし、
俺も知らない道では迷いがちなのだが、どんな理由があろうと、
目的地へたどり着けなかったら、一番不機嫌になるのは嫁さんなのだ。

ここは少し我慢してもらい、車を停め、ナビを海の方向へ設定して再出発。
最終的に嫁さんが指定した方面で合ってたワケだったが、
これは時間のロスではなく「急がば回れ」って事でひとつ(笑)

10分も走ると海岸沿いへ出た。ただ、駐車場がどこも一杯で、
更に少し走ってちょっと人気のなさそうな、整地されてない
駐車場に車を停めて、傾斜のキツい崖を降りて行く場所を発見。
子供を連れて降りれるかなぁ、と思いながら進んで行くと
やはり足場が悪い。ひと一人通れるくらいの幅しか無いのに、
デコボコしているし、砂で滑りやすい。

足下が危ないなあ、と思いながら降りていると後ろから嫁さんが
「危ないから美空を降ろして歩いてよ」と言う。
恐らく足下の怪しい俺を見かねて、美空の手を引いて歩いて降りたら?
という意味なんだろうけど、こんな場所でよちよち歩きの
美空を降ろした方が、滑ったり走ったりして崖を転げ落ちそうで怖い。
どちらのリスクを取るか、という事で考えると、まだ俺が転んでも、
お尻から落ちるとか、かばえるとか考えられるので、そのまま降下。

……まあ最初から崖とか子供を抱いて降りるな、っちゅー話ですが (^^;)

崖の側は割れたガラスとかバーベキューに使った炭などが散乱していて、
降りてからも、もう少し抱っこで歩くハメになったんだけど、
到着してみると強風で砂がビシバシ当たる事以外は、綺麗なビーチで
意外な感じでした。さすがに砂遊び&水遊びを出来る感じでは
なかったので、景色を堪能するだけだったんだけど。今度は
もう少し穏やかな天気の時に来たいなあ(ハリケーンがフロリダへ
来てたのは関係あったんだろうか?)。

cave.jpg

車に戻る途中、おそらくアムトラックの線路だと思うんだけど、
それをまたいで行くので、スタンドバイミーっぽく記念撮影。
写真撮る余裕があったのかと思わるかも知れないけど、
美空を抱えて崖を登って来てるので、この時は思いっきり
肩で息をしています(笑)

senro.jpg

ようやく車に帰って美空を乗せると、床中に

サンダルから砂がザー

……はううっ、やっちまいました  il||li _| ̄|○ il||li

農場も土ホコリがスゴくて、車もまっ茶色になってしまってたので、
家に着いてから外と中と車の大掃除です。なんか毎週洗ってる
ような気がしますが、決して洗車大好き人間じゃないんです。
やらなくて良いなら、しないまま放置したいくらいで…… (^^;)

外装は問題なく洗車できるものの、問題は車内。
敷地内に洗車場はあるけど、電源コードを差す場所が
無いんですよね。掃除機が使えないんですよ。
だから、半年に一回くらいのペースで、近所の
有料洗車場へ行って、コイン掃除機を使ってたんだけど、
今回は俺の車もやりたいと思っていたので、ブロワー用の
延長コードが 20m くらいあるので、それをベランダから
どりゃっと放り投げて、車庫まで延ばしてみることにした。

うわぁ、超ギリギリ… (^^;)

アメリカ仕様の馬鹿みたいにデカい掃除機&アホみたいに
長い電源コードじゃなかったら、多分届いてなかったと思う。
あと、ウチのベランダが自分の車庫に面してなかったら
これはコレでアウト。全てが奇跡のように上手く行った
車内の掃除機がけだったのでした!素晴らしい!!

まあ、せいぜい4ドル程度の節約なんだけど、
なんか嬉しいんですよね、こういうの(笑)


〜月曜日〜
だらしない格好でモールへ出かけると、普段会わない人に会いますね (^^;)

美空は子供の遊び場で他の子達に揉まれながら、元気に遊んでました。
それにしても混んでたなあ。俺はホントに人ごみの中へ全く
行かない人なので、モールで俺を見かけたら、はぐれメタルを
見つけたくらいレアな確率だと思って下さい(意外と遭遇する?)

帰ってから、今度は俺の車の洗車。昨日は車内だけだったので、
今日は外装。ついでに細かい傷をクリームで消してみる。
結構綺麗になったカモ?

これで塗装が剥げて来てなけりゃ、まだまだ新しく見えるんだけどなあ (^^;)

しかしこの週末は、ずーーーーっと美空と遊んでた気がする。
信頼関係が築けたと思うんだけど、月末から一ヶ月お別れなので、
帰って来たら「誰このおじさん?」ってなるんだろうな。くすん (T-T)



posted by Taka@まさちゅ〜 at 02:58| サンフランシスコ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月04日

超盛りだくさんだった週末(土曜日編)

ちょっと寝坊させてもらって、起きてくると嫁さんと美空は
ファーマーズマーケットへ行ってる様子。
と言うワケで二度寝(爆)

今日はボストン時代の友人、マイミクの n.ic がサンフランシスコへ
遊びに来ているので、モントレー&ビッグ・サーへ行く途中に
寄ってもらって、一緒にお昼を食べる事になっている。
ちょっとは家にも上がるだろうし、とちょこちょこ片付けを始めたところ、
気がつくとベランダにて本格的なブロワー使ってました。
お陰で朝から花粉まみれです (^^;)

n.ic が到着したのが、11:15 AM。ボストンの日本食事情からして、
お寿司はおいしいのが食べれるとして、B級グルメの方が喜ぶかなー、
と思い、ラーメンを提案。ただ、彼氏がアメリカ人なので、
ラーメンどうなんだろ?と思ったら、日本に住んでた事もある
彼氏の弟さんも一緒に来ていて、ラーメン楽しみ!という流れで
無事ラーメンに決定。となると、土曜日のランチは混むから急いで出発!
という理由で、ウチにはものの1分程度しか滞在せず、ミツワの隣の
「香風」へ。……あれなら靴すら脱ぐ必要が無かったかも知れない(笑)

丁度開店の 11:30 AM 頃に到着して、列はほとんど無かったものの、
開店前から待ってた人達で満席。ウチらも順番待ちに名前を書いて、
店の外でだらだらとお話してました。30分くらい待ったんだけど、
結局店に入っても、6人用のテーブルが無く、2グループに
分かれたので、この待ち時間が旧交を温めるのに丁度良かったかも。

n.ic 一行はスケジュールが詰まってるので、ここから直接
モントレー方面へ出発。遊びに来てくれてありがとー。
相変わらずお互いあんまり変わってなかった(笑)
またどっかで会いましょう!

後はお決まりのミツワ>紀伊国屋コース。
家に帰ってからはまた美空をプールにいれてあげようかと考えたけど、
昨日よりも相当気温が下がってしまったので断念。
代わりに滑り台を蹴りハメ込んで、遊ばせてみる事にした。

suberidai2.jpg

……おおっ、超気に入ってるご様子♪
努力がようやく報われたわ(笑)

suberidai1.jpg

後はうっとおしかった髪の毛を嫁さんに切ってもらい、土曜日は終了。
ただ、ちょっと気になっているのが、木曜日の試合の後から
引きずってる持病の膝の痛み。普通なら一晩経つとある程度
痛みが引くものなんだけど、これがずーっと残ってるんだよなあ。
明日のサッカー、行けるんだろうか…?

あ、滑り台蹴ったりしたからか? (^^;)

posted by Taka@まさちゅ〜 at 07:09| サンフランシスコ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月03日

超盛りだくさんだった週末(木曜日深夜〜金曜日編

AppleCap.jpg

先週末は米国では数少ない、国民の休日である
「レイバーデー(勤労感謝の日)」で、土〜月まで
三連休だったのだけど、さらに金曜日は家から働くついでに
半日出勤にしてくれ、という条件で、ほぼ四連休にしてもらった。
ここ数ヶ月、ちょっと仕事が詰まり過ぎていたので、
そろそろ家の事をしたいと思ってたから、ここぞとばかりに一気に
やりました。……っちゅーかやりすぎた (^^;)

木曜日深夜〜金曜日
まず木曜は深夜までサッカー。1時過ぎに帰宅だったので、
起きたのは金曜日の朝10時頃。ほんの1時間程仕事する
つもりが、予定外の事態で、結局午前中〜お昼過ぎまで
みっちりと仕事する羽目に…。

午後になり落ち着いたので、美空のお昼寝後、プールに入れてやりました。
そろそろシーズン最後かなー、と思っていたらやっぱり週末は
この日だけ暑かったので大正解。しかも平日の午後って事で、
貸し切り状態。まあ、お陰で虫は浮いてるわ、砂は溜ってるわで、
ちょっとゲンナリな事もありましたが… (^^;)

micu_pool.jpg

帰って仕事をチェックしてみると、どうやら今日はもう大丈夫みたいだ、
という事で、予定通り5時前には終了。遠出は出来ないけど、
家族と過ごせる時間が持てるのは家から仕事する数少ない利点だろう♪

欠点は、あまり仕事していると思われず「遊んで」「手伝って」の
空気が出て、ちょっと気まずくなる事が多い事かな。
こう見えてもパパはお仕事中なんだよ。
トラブって怒られ中だったりするんだよ…… il||li _| ̄|○ il||li

さて、夕方からは手つかずになっていた、バルコニーに放置してある
子供用遊具のジャングルジム&滑り台の完成を試みる。
前の週末に、嫁さんが知人から買って来たらしいのだが、
予想をかなり上回る大きさ&組み立ての複雑さだったのだ。
さらに親切心で洗ってもらっていたのだが、それが仇となり、
中に水が溜ってしまい、激重遊具と変貌を遂げていた為、
嫁さんが一人で組み立てようとしていたらしいが断念。
俺も平日にちょっと見てみたけど、とても一人で完成出来る
シロモノでは無かった。

それでも二人でやったらあっという間かな〜、とナメていたらとんでもなく、
工具&留め具を使わない設計=パズルのように同時に接続しないと
全てが上手くハマらない、おまけに説明書も無い、という功名な罠。
そこに追い打ちを掛けるように中に入った水の重量が作業を鈍らせる…。
二人で汗だく&息切れを起こしながら、思考に思考を重ねてようやく完成。
もう10分手こずってたら間違いなく粗大ゴミとして処分する所だった……(本当)。

ただ、次の日に滑り台をちゃんと付けていないと言う事に気づき、
また全部やり直しかっ!と愕然としましたが、やけっぱちで蹴り込んだら
ぼこっ、という音と共にハマってくれました。助かった(笑)

suberidai.jpg

この間、美空はおとなしく「おかあさんといっしょ」をテレビで
機嫌良く観ててくれたのは、しんどい作業の中で、唯一の救い
だったような気がする。

これでバルコニーが片付いたので、次は嫁さんがあーでもない、
こーでもない、と言っていて、概要が良く掴めてなかった
ウッドデッキを組み立てる……と言っても、不要になった
板切れを重ねただけなんだけど(笑)この時点になっても
まだ最終レイアウトでは無いらしく、仮止めすらしてません。
よって激しく動くのは板が動くので禁止です(爆)

他にも植木鉢や荷物棚、不要になった段ボールなどの処分が済み、
見た目も一応それらしくなった事と、昼間が暑かったので、
夕方でも外に居られる暖かさだったから「外ごはん」をする事に。
美空の周りには虫除けキャンドルを焚いて虫さされ対策です。
この辺は西ナイル熱病とかあるので、冗談抜きで幼児と老人は
注意なのです。

普段は荷物置き場にしかなってなかったので、ちょっと気分が
変わって良かったですねー。もう少し夜が暖かいとこういうのが
頻繁にやりやすいんだけどなー。

patio.jpg

さて、これで普段なら十分なのですが、少しまえから iMac の調子が
良く無かったので、ここから Leopard のクリーンインストールを実行。
なんか今日はすげえやる気だな!>俺(笑)

普段使いなら問題なかったのだけど、iMovie/iDVD 使用時の
エンコーディングの時だけ、なぜかファンが超高速で回転して
大騒音を起こしてしまう上、CPU も 80度近くあがるという症状なのだ。

一応 PRAM クリア、CMOS クリア(ケーブル類全部抜いて、数分間
放置して、ファンぶん回して……のアレ)等々、物理的な掃除を含め、
ウェブで見つかる対処法は全部やってみたのだけど、どれも効果が無く、
データ類は別パーティションに置いてあるし、サクっと OS だけ入れ直し。

ここで、再構築中に実家の両親から「美空ちゃんと Skype しよー」という
超タイミングの悪い電話が掛かって来たんだけど「1時間待っとけ」と、
後で掛け直させたら、なんと本当に間に合いました。
なんというリストアの簡単さ。素晴らしい。

その他はアプリの入れ直しが面倒な事以外は、アップデートに時間が
掛かる程度で(それでも統合アップデータが出てたから、以前よりも
マシになった感じだけど)本当は寝る前にやっておけばベストだった
かも知れない。データ類を分けるように保存しておいた、導入時の俺を
ちょっと褒めてやりたかったです。GJ俺!(笑)

あ、肝心のファンがブン回る問題ですが、あっさり解決してました。
一つ一つ作業の動作もキビキビとするようになったし、
恐らく購入直後に調子にのって色々と入れたシステムをいじる
フリーソフト(特にファンコントロール系)が悪さしていたと
思われます。後は仕事で使う為に入れた、VNCアプリの設定時に
混乱して色々とネットワークの設定も複雑になってたし、
これもスッキリ解決。会社に一発で繋がるようになった。
まぁ、これが当たり前なんだけど… (^^;)

今回は必要最低限しかアプリを入れてないので、
しばらくは快適環境が続きそうです。でもコレだけ再構築が
簡単だったら、ちょっと不調になっても、すぐ入れ直しを
考えても良いかも知れないですね。
この分なら SnowLepard も簡単に導入出来そうだ。楽しみ!

再構築が上手く行って、時間がしっかり出来たので、
美空を寝かしつけた後に、嫁さんと子供が産まれてから
始めて映画を観ましたよ。記念すべき初タイトルは
「フラガール」。良い映画でした〜。

そしてタイムリーな事に、主演の蒼井優ちゃんが翌日V6の
岡田君との恋愛でニュースになってました。ちなみに二人の
馴れ初めになったドラマ、「タイガー&ドラゴン」は
超名作中の名作です!! おすすめ!

コレで寝るだけ……と思いきや、嫁さんが寝た後には
しっかり「ギレンの野望 アクシズの脅威」+「白い巨塔」の
コンビネーションを楽しみました。

「連邦軍のモビルスーツと&唐沢寿明が極悪過ぎる〜」と、
一人叫んだ夜中の2時だったのでした(笑)




ラベル:アメリカ Mac
posted by Taka@まさちゅ〜 at 08:57| サンフランシスコ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月14日

MAZDA 5

Mazda5 front.JPG

mazda5 bird.jpg

ついに買っちゃいましたっ! (>w<)

プリウスにしようか、どーしようか、散々迷って、
結局1万ドル安いマツダの、MAZDA 5 って車にしました。
日本だと「プレマシー」って名前で出ています。

日本から、幼なじみのデザイナーやってる友達が LA で展覧会
やるっていうので、8月の旅行に間に合わせたかったのと、
今日 7/13 は渡米満18年でなんかご褒美!って気分だったのと、
さすがにもう美空の乗降が大変だよなあ、って事で決めました!

今までの印象だと、MAZDA 5 は外から見てる分には、
Imprezza Wagon と同じな、ちょっと大きめなワゴン車って
感じだったんだけど、どっこい乗ってみると、スペースゆったりだし、
足回りとか視界が完全にミニバン的。3列シートの6人乗りだけど、
普段は3列目はしまっておいて、子供のベビーカーとか、大量の荷物を
楽に収納出来ます。

でも、本当に最後までプリウスと悩んだんだよなあ。
プリウスも実は凄く収納スペースあるし、使い勝手も良さそうだったし、
ミニバンなんてこのガソリン高騰時代に、時代に逆行してるぞ!って
思われがちなんですが、実は下取りに出した、フォルクスワーゲンの
カブリオってオープンカーが、燃費が良い方と思ってたんだけど、
実は MAZDA 5 よりも悪かった、という事実が判明したので、
それなら買い替えて燃費改善、という事になりました。
何気なくエコです(嘘)。あ、でもミニバンクラスでは
最良燃費だったりもします。そしてさらばカブリオ。
ほとんどオープンにする事無く、巣立って行きました(爆)

MAZDA 5 にすれば、車体がデカくなって乗ってる人には
安全性が増して荷物もかなり入るようになって、スライドドアで
子供の乗降が楽になって、両親が遊びに来ても
1台で移動出来て、さらにプリウスよりも1万ドル安くて、
在庫処分キャンペーンで、36ヶ月金利無し、と来たらもう
これはさすがに買いでしょ!

値段的な面から決断を後押ししたのは、燃費計算サイトで、
年間のコストを考えると、その差は 1300ドル程。
1万ドルの値段の差があった場合、その差が埋まるまでは
役 7.7年かかる計算です。多分その頃には値段がこなれた
新型プリウス買ってるだろうなあ、って思って今回は
環境に厳しくなるも、財布に少しだけ優しい MAZDA 5 を選びました (^^;)

ちなみにプリウスは、新車で 29000ドル、さらに二週間待ち。
ディーラーの人たちの好感度はトヨタの圧勝でしたが、やっぱり
人気が過熱してるので、ちょっと手が出ない値段になっちゃって
いる感じでした。さらにローンも8%とかだったし、
税金控除があっても、これだけでマイナス収支です。

後はモデルチェンジが今年中に予定されてるプリウスだし、
太陽光発電が組み込まれたり、電気コードから充電出来るとかの
話もあるし、もう少しいろいろ新機能が全部見えて、落ち着いたら
5年後くらいを目処に購入を考えようかな、って思ってます。

それにしても、10年ぶりに新車買ったけど、マジで疲れました…。
値段交渉とかあんまりしなかったし、あれよあれよと決まって
しまったのだけど、やっぱり子供が落ち着いて待ってないし、
5時に到着して、受け取ったのは閉店直前の9時でした。
他にもディーラー回ったし、一日がかりのプロジェクトだったよ…。

ちなみにコイツは嫁さんがメインで使う車になります。
俺はまだまださらに Imprezza を酷使していく事になりそうです (^^;)
あー、スパークリングプラグとか変えたり、タイヤとかも
新調しないといけないんだよなあ。うぅ、1000ドルコースかも。
あ、もうスキーは Imprezza で行かないから、全天候タイヤを
履かなくても、安物で良いのか。

……後は自転車通勤でなんとか5年間やりすごそう(笑)
posted by Taka@まさちゅ〜 at 16:09| サンフランシスコ ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月24日

ガソリン代と太陽光発電

gasprices.jpg

もうどこへ行ってもこの話題になりますね、ガソリン代。

すげぇぇぇぇ、値上げ幅に、とうとう70歳越したおばあちゃんが
キレてガソリンスタンドに放火までする騒ぎが起きてます。
いつまで続くんだこの燃料高騰狂想曲。

ガソリン高騰>脱却を計るブッシュ>バイオ燃料だー>
穀物が高騰>ガソリンも続けて高騰>全部高いまま>
「余計な政策建てんなボケ」と各国さらに嫌われる
という流れで、とことん裏目に入ってるブッシュ政権ですが、
速やかに辞任して……とか言ってるうちに、後5ヶ月で
普通に交代ですな。やっとか。よく2期も務めれたよ…。

さて、先週からずっと激務中で、週末までもお仕事体制なので
全く運動が出来ないため、今週は全部自転車通勤に
切り替える事にしました。

普通に「体に良いからねー」「エコだし〜」なんて
やってりゃ良いものの、やっぱり貧乏性の悲しいサガ、
無理矢理燃料費を算出しちゃいました (^^;)

ちなみに今の所大体 1ガロン = $4.50 くらいで、
俺のインプレッサだとほぼ2週間で丁度 13ガロンが
空になります。大体 $55 ってトコ。

まあ週末に移動もするからなんだけど、とりあえず
2週間=10日出社だとすると、一日 $5.50 くらい。
週末分を考慮すると、一日 $5.00 弱ですね。

おー、こう考えると、一日チャリ乗るだけで
$5.00 ってスゴい。逆にガソリン代が今の半額でも、
一日 $2.50 もかかってたのか。う〜ん。

計算後に嫁さんへ「チャリ通1日につき $5.00 節約
出来てるんだから、半分くれ」と言おうかと思ったものの、
結局自分の財布に還元されるので、黙って体力強化に
努めようと思います (^^;)

しかし早く完全な太陽発電車とか完成されないかな。
新たに「ソーラーカー団吉」とか今作ったら相当燃費
良いんじゃないか?紙みたいな貼れるソーラーパネルとか
作ってたよね? 熱から発電出来るシステムあったよね?
それなら炎天下の駐車場によろこんで車放り出して
おくんだけど。

いや、マジでカリフォルニアの会社の駐車場なら
発電に超向いてると思うんだけどな。
posted by Taka@まさちゅ〜 at 05:48| サンフランシスコ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月19日

仕事と日記と夜更かし

diary.jpeg

仕事がとても立て込んでおります…。めずらしい (^^;)
18日からが本番で、その前から準備期間で、ピークが
来るのが来週一週間。ずっと働き詰め。

嫁さんが怪我しちゃったので、少なくとも
夜と週末くらいは、家から働けるように手配中。
新 iMac に活躍してもらおうと思いつつも、
ずーっと仕事しなきゃイカンのか、と少しブルー。

そんな中、ミシシッピーのおばあちゃんから小包が届いた。
「忘れ物よ」と送られて来たのは、なんと18年前(初年度)に
居た時の日記と、日本から送られて来た友人&家族からの手紙の数々。
うわー、本気でびっくり。まさかまだあったとは…。

怖々と日記を読み始めてみると、意外としっかりしてんじゃん>俺(笑)
いやいや、表現やら、文体やらが幼い感じはするものの、
がんばってるなー、と。おじさん応援しちゃうよ〜、と
思わせるような内容でした。ちゃんと半年以上、
帰国のちょい前まで書いてるし。

……にしても、出てくる人名、女の子ばっかりで笑える。
高校生の考える事って、どこの国に行っても不変なのね(爆)

ん、でもちょっと元気出ました。確かにあの頃に比べたら、
今の生活なんて恵まれ過ぎの幸せ過ぎ。現実逃避はそろそろ止めて、
とっとと寝て次の日に備える事にします。学校の宿題は忘れても
怒られるだけだけど、会社の締め切りはぶっちぎると、
次の締め切りが来なくなっちゃうからなあ(笑)



posted by Taka@まさちゅ〜 at 17:03| サンフランシスコ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月15日

ミシシッピー旅行 2008 四日目(終)

この日はちょいと早めに起きて、みんな揃って朝ご飯。
8時集合とはいえ、実際は美空、俺、嫁さんと
風呂に入ってからの集合なので、実際はもっと早起き。
時差も相まってさらに眠い。

ちょびっと別れを惜しみつつ、しんなりしがちな
朝食になるかと思いきや、おばあちゃん、娘さん共に
「ベイビールーシー。コレ食べなさい。コレも食べなさい。
よしよしよし♪」とすっかり親ばか状態で、良い意味で
力の抜けた楽しい食事となった。

ただ、チーズやらバターやらたんまり食わされたので、
美空に初ニキビが…… (^^;)

夜のうちに充電しておこうとして、行方不明に気がついた
嫁さんの携帯だったが、朝になってから車の中を
くまなく探してみたものの、やっぱり見つからなく、
この時点で嫁さんの携帯を無くした事が確定。

もの凄いガッカリしている俺に、娘さんが一言
「買い直せるものに、楽しい旅行を台無しにされちゃダメよ」と。
なるほど、みんな健康で入れば、携帯なんていくらでも
また手に入れられる、と……。

でも悔しいです!p(`ε´q)キーッ

これからまたニューオリンズまで4時間の運転。
気を取り直して行くしかないよなあ、と、別れの挨拶を
済ましていざ出発!また来るぜミシシッピー!

今度はもう少しのんびり来ようね……という嫁さんだったが、
俺的にはもう1日いたら飽きていたと思う(笑)
ま、次はもう少し近い空港かな。それなら移動時間で
休暇が犠牲になる事もないしね。

ま、すべて お金次第 なんですけども il||li _| ̄|○ il||li

一応往路で寄った、スポーツバーにも立ち寄ってみたものの、
やっぱり携帯は見つからず、車中から俺の携帯で嫁さんの
携帯サービスを停止してもらう事にした。
これで誰かが拾っても、過度に使われる心配が無くなった。
こういう事が面倒だから、無くさない様に気をつけて
欲しいんだがなあ……と、プンスカしていた俺だったんだけど、ね。

復路は橋マニアの俺のリクエストにより「世界で一番長い橋」と
呼ばれる「Lake Pontchartrain Causeway」を通る事にした。
(これ、なんて読むんだろ?ポントチャートレイン?)
ちなみに長さはなんと 24マイル = 38.4km もあるのだ!

bridge.JPG

なんか知らないけど、長い橋の「人間が普通は行けない所に
人間の力で行ける様にしたスゴイ場所」ってところが
子供の頃から凄く好きで、橋に乗りながら「凄いなー。
昔はここって迂回してたんだろうなあ。凄い苦労があって
出来たんだろうなあ。ドラマだなあ」などなどと
思いを馳せながらどんどん渡っていく。

さすがに 38km もあると

半分くらいで飽きますね

そもそも、20分以上走りますんで……。


で、橋を渡れば、ハリケーンカトリーナで大災害になった
ニューオリンズに到着……するはずが、市内までは
もう少しあったらしい。なるほど、町並みが全然
普通だと思ったよ (^^;)

ガソリンもそろそろ満タンにしておかないと、
レンタカーを返すのに困るなあ、と思っていたものの、
市内に入ると全くガソリンスタンドが見当たらない。
カーナビにお伺いをたてても、元あったらしい場所に無い。
これは洪水が影響したんだろうか……?

結局ホテルからはだいぶ離れたものの、
実際はレンタカー屋に近い場所、
警察署の目の前で給油出来ました。

で、1人外に出て給油してると「小銭無いか?
金無いか?食べ物が買いたいんだ」と1分も立たずに
物乞いがやって来た。そして明らかに目つきが怪しい…。
周りを見渡すと、さらに数人、明らかにウチらの
状況をうかがってる人たちがいる。

街自体はかなり復興されて来たようにみえたものの、
警察署の目の前でコレなのだ。実際は見た目よりも、
まだまだ生活出来ない人たちも多いのだろう。
って、考えてたら、翌朝タクシーに乗って
空港に行く途中、高速道路の高架下に、
数百規模の路上生活者のテントを見かけた。
やはり、3年ではまだまだ表面的な所だけが
戻った、って事なんだなあ。

こんな感じなので、ホテルから数キロ離れたレンタカー屋
から美空を連れて歩いて戻るのはちょっと不安だったし、
雨も降りそうな空模様だったので、先にホテルに
チェックインしてから、俺一人で歩いて帰って来た。
見た事の無い看板や、お店などをチラ見しながら来たんだけど
結構興味深い。NYのマンハッタンと香港の排ガス的蒸し暑さを
足したような感じだ。

neworleans.JPG
neworleans2.JPG

嫁さん達とホテルで合流した後は、少し遅いお昼ご飯&
探索タイム。まあ近所だろうし、と思って一度はポケットに
入れた携帯を出し、サンダルをつっかけて出発!

と、意気込んでみたものの、実はこの後3時間近く歩き、
足にはサンダルの靴擦れが、そして携帯はこの時見たのが
最後になった……。そう、俺の携帯もホテルに置いて来て、
無くしてしまったのだ。

あれだけ嫁さんに文句を言っておきながら、にわかに
信じられない自分の行動に「もう俺は生きていく価値が無いのか…」
ってレベルまで落ち込みました、ええ。

完全に 携帯に台無し にされましたね (T-T)

それはそうと、携帯を無くしたと気がつくのは翌日
サンホゼに帰って来てから。それまでは楽しくフレンチ
クォーターを散歩なのである。

嫁さんは「これがアメリカ南部料理!」というものを
食べた事が無いらしいので、じゃあ一番大きな通りの
一番目立つレストランで定番メニューを、
って事で頼んだのが
・ガンボ スープ
・ナマズのフライ
・ジャンバラヤ
の三品。どれも大変懐かしい!
特にガンボはおじいちゃんが良く作ってくれていて、
大好きだったのだ!ガンボって他のアメリカで出る
スープと違って、サラミのせいなのか、とてもダシが
効いていて、日本人の口に美味しいって思うのかも。

実際はここのお店のガンボはドロっとした茶色で、
嫁さんはかなりビビっていたし、俺も期待していたような
おじいちゃんの透明スープとは違ったものの、
味は見た目を良い意味で裏切ってくれ、とっても美味しかった。
嫁さんも美味い、美味いと食っていたのでさらに満足!

ganbo.JPG


ジャンバラヤ、ナマズフライのサンドイッチも素晴らしく、
とっても満足なお店であった。値段もまあ安くは無かったけど、
観光客ボッタクリ価格ってワケでも無かった。
空港で食う飯の方がよっぽど高いし(笑)

catfish.JPG

しかしここバーボンストリートは、ガイドブックに載ってた
「大道芸人のパフォーマンス」や「家族連れでも楽しめる」
といった感じの通りではなく、酔っぱらいやら、エロ店やら
終いには目の前で私服警官2人による逮捕シーンがありましたよ。
あ、コレはパフォーマンスじゃなくて、マジです (^^;)

ああいう時になんで嫁さんって「やだっ、やだっ、こわいっ」
って声出しながら逃げるのだろうか。危険から身を逃れさせようと
するのはわかるんだけど、いくら日本語だからと言って
あんな風に逃げたら逆に挑発してると思われないだろうか?

俺的にはいつも「視界の端に入れつつ、知らん顔で通り過ぎる。
手は常に防御出来る様に臨戦態勢」って事にしてるんだけど
コレがベスト!って方法、無いですかね?
やっぱり速攻 Uターンしかない?(笑)

で、その後もかなり歩いたなあ、と思ったのに、
実際は半分くらいしかフレンチクォーターを来てないらしく、
どんどんホテルから離れていくから「無料で乗れるフェリーが
あるらしいし、そっちに行こう」と嫁さんに促されて方向転換。

すると、となりのロイヤルストリートって所は一転、
芸術的な通りになっていて、奇麗だわお店も子洒落てるわ、
土産屋も充実してるわで、最初からこっちにくりゃ良かった
感が満点(汗)

その後フェリー乗り場へ到着するも、とってもヤバい雰囲気がする。
対岸に帰る人たちが利用しているんだけど、まず観光客の姿が無し。
そして幼児がいない。乗り場は薄暗く、スケボー担いだ
パンク野郎共が階段そばでギャハハと遊んでいる。

もうヘトヘトだった俺はちょっと休むか、
とりあえずフェリーに乗って、そのまま引き返してくれば
いいかなー、と思ってたものの、嫁さん危険センサーは
レッドゾーンを振り切っていたらしく、ダメダメダメ、と
30秒と休まずに退散。まあ逮捕劇やら色々ありましたしね…。
予定より早くホテルに帰れるから、それはそれでいいか、と (^^;)

たまたま帰り道に Harra's というカジノがあったので、
中を通って帰ろうか、と入ったら「21歳未満立ち入り禁止!」
って言われて、またかよー、俺ってもう 35歳なんだけどなぁ、
と身分証明書を見せようとすると「この子が 21歳じゃないでしょ」
とベビーカーの美空を指差す。へっ?確かに 21歳じゃないけど、
間違いなくギャンブルしない年齢でもあるよね?
って思ったものの、店の方針でダメ、って事で大人しく退散。
所変わればルールも変わるんだねえ、と思いつつ、
そんなやりとりに、なんだか余計に疲れた……。

実はニューオリンズでの一番の目的は、丁度この週末に始まった
ジャズフェスティバルに行く事だったのだ。
ビリー・ジョエル、スティービー・ワンダー、
シャナイア・トゥエインなどが来てる大規模イベントらしいのだ。
でも競馬場を使ったオープンステージで、気軽にどこでも見れるし、
子供連れでも迷惑にならないのが良いなあ、と思ってたものの、
パラパラと小雨は降って来てるし、一度入ると再入場が出来ない、
歩いていける距離じゃない、等などの条件が重なったので、
「じゃあ行った事にして贅沢するか?」とホテルで仮眠を
取った後に、ホテルのコンセルジェに聞いて、家族連れでも
行けるジャズレストラン・バーを教えてもらう。

ただ、実際に行ってみると、超満員な上に高い!
さらにジャズ演奏なんて全くしてねえし!(苦笑)
これはアカンだろー、って事で、向かいのなんの縁もない
ホテルに飛び込んで、またしてもコンセルジェに質問。

今度は何件か教えてもらうものの、子連れはなかなか
難しいかも知れない、と言われ少し落ち込むが、
最悪普通のレストランでまたガンボが食えりゃいいか、
と行くだけ行ってみる事に。

一件目はとてもいい雰囲気の所だったが、
あっさり子供はお断り。うーん、残念。

二件目はどうかなぁ、と入ると「どーぞ、どーぞ」と
こっちの心配なんて全く関係無いかの様に、すんなり
通される。まあ、さすがに席は遠くて、ちょっと
バンドが見づらいものの、軽く食事を済ませたあとに、
チップを払ってから美空を抱っこして、目の前で見せましたよ。
大音量ドラムとトランペットに、ぎゃははと大興奮♪

jazzbar.JPG

うーん、パパとママが一生懸命歩いた甲斐があったなあ。

ちなみに美空がとっても良い子にしてくれていたおかげで、
パパとママは久しぶりにお酒が美味しく飲めた〜。ありがと!

ただ、ここで調子に乗ったから、翌朝ケータイを……ふぅ。






posted by Taka@まさちゅ〜 at 15:21| サンフランシスコ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月12日

ミシシッピー旅行 2008 三日目

本当はのんびりと、おばあちゃんに合えれば、
他に誰も合わずに帰って来てもいいやって
つもりのこの旅行だったんだけど、おばあちゃんに
促されたり、昨日の記者の人と話していたりするうちに
なんだか懐かしさがこみ上げて来て、
やっぱり折角だから、と訪ねていく事にした。

まずは何を差し置いても、おじいちゃんのお墓。
さすがにコレは外せない(笑)

前回俺のお袋と来た時お参りした以来なんだけど
(既に11年経っているのが軽く驚き)
荒れている程汚れているわけでも、感動する程
奇麗なわけでも無く、ほどほどに手入れされていたので
軽く土を手で払っただけでお花(造花)を飾ってご挨拶。

俺もそんな頻繁にアメリカのお墓を訪ねた事は無いんだけど、
こっちでは長持ちするし、造花を飾るのが一般的、と聞いている。
確かに日本のお寺みたいに管理しっかりできる所ならともかく、
行き届かない墓地だと朽ちた花はちょっと寂しい。
それならばずっと奇麗な造花はなるほど理にかなってると思う。

嫁さんは珍しいのかずっと写真を撮っていた。
誰か俺たち以外に写りました?(笑)

bochi.JPG

次はその足で当時住んでいたお家を見に行く。
さすがに今は他の人が住んでいるので、中を見せて
もらうわけにはいかなかったのだが、田舎だしお互い
友達なら大丈夫かなー、と思ってたんだけど、残念ながら
あまり感じのいい人が買ったのではないらしく、
外から写真を撮っただけ。なるほど確かにずいぶんと
荒れた印象だった。

この家は寝室が4個あって、プールがついていて、
さらに裏には見渡す限りの林があり、手入れがとても
大変だから、と言う理由で売ったのだけど、それでも
買いたたかれて 12万ドル(1200万円)ほど。安っ!
まあそれをミシシッピーのあの町で出せるのはやはり
多少は裕福層なんだと思う。

で、ここの家の前から18年前と全く同じ様に学校へ行ってみる。
未だにネタにするんだけど、最初の十字路まで直進5分。
右折してそのまま今度は直進で10分。こんだけで到着。
ちなみに時速は 110km/h で走って、の話である。
どんだけ広大な土地なんだと、飽きる程思った。

本当はここで卒業しようと思ってたから、二年目は
毎日同乗させてもらってたとなりのあんちゃんが卒業
しちゃうので、自分で車を買って通おうと思っていたのだけど、
お袋がどうしても「高校生が車を運転して学校へ行く」
という事をイメージできないらしく、何度も
「自転車で通え!贅沢だ!」みたいな事を言ってました。
本人を連れて来た時に、ようやく目を白黒させながら
「あー、こりゃ自転車じゃ無理だねー」と納得して頂く。
今ならデジカメで写真送ったり、動画を載せたり
出来るから、説明ももう少し簡単なんだろうけどね。

学校へ到着すると、平日のお昼前って事でまだまだ
授業中だったので、教室は覗かず、外から野球場や
フットボール場などを見て回る。すると不審者か!?と
思ったのか、現フットボールコーチがやってきて、
何をしているのか?と聞かれたので、久しぶりに遊びに来たので
ちょっと見学させてくれ、と言ったら、
さすがに俺の事は知らなかったみたいだけど、
当時のフットボールコーチの事を知っていて、すんなり話が通る。
自由に見てってくれよブラザー!みたいな。
好きだなぁ、こういう体育会系のノリ(笑)

すると外をぷらぷら歩いていた生徒がいたので、
取っ捕まえて色々と話を聞いていたら、なんと去年まで
ベネズエラ、中国、ドイツの三ヶ国から交換留学生が
来ていたと言うのだ!間違いなく俺が来た時は、
ここの学校だけでなく、ニュートン郡史上初の
交換留学生だったので、随分と国際色豊かになったぞ。

確かに、真面目に英語を学ぶには、田舎というのは絶好の
場所だと思うのだ。そもそも他に日本語を話せる人がいないし、
人は優しいし、犯罪率も低いし(無いと言い切れないのが
少し残念だけど)、娯楽が無いから勉強しか出来ないし(笑)
訛りはあるけど、そこさえ気にしなければベストだと思う。
ちなみに日本と一緒で、若者程訛りは軽くなりますよ。

当時わけもわからず参加させられてたフットボール場にて。
FieldGoal.JPG
初めて蹴ったボールが裏の林に消えていった時は
みんな開いた口があんぐりしてたなあ(笑)

academy.JPG
なるほど「養鶏所」とは良く言ったもんだ、という趣の校舎

高校を後にして、ここで一度おばあちゃんを家に降ろして、
次は日曜学校で家族中とおつきあいさせてもらっていた
先生と娘さん(クラスメート)の所へ遊びに行く。

お母さんも友達も相変わらず奇麗で嬉しかったなー。
子供も三人産んだとは思えない。本人曰く、ちょっと前に
入院する事があって、良い感じに体重が落ちたのよ♪と
ぶっちゃけてましたが(笑)

子供の Larry-Karr 君もとっても良い子で、美空の面倒を
すごく良くみてくれる優しい子でした。ハンサムだからか
美空がやたらと懐いてたなあ。あの子なら許すぞ、美空(爆)

LarryKarr.JPG

楽しい時はあっという間で、また再会を誓ってお別れ。
一度ここでお家に戻って遅いお昼ご飯。
凄いなあ、と思うのはおばあちゃんはちゃんと俺の好物を
覚えていてくれて、スパイシーシュリンプを作ってくれていた。
そしてこれがまた美味い!嫁さんがレシピを聞いていたので
近いうちに再現してくれるかな?

さっき高校で当時のコーチの名前が出て来て、なんと2年前まで
コーチをされていて、まだお元気でいらっしゃるとの事なので
こちらにもお昼の後にお邪魔させてもらう。

当時はコーチだけでなく、校長先生も兼任していたので、
とっても厳格で真面目なちょっと怖い人、ってのが当時の
印象だったのだけど、二年目にこの高校へ帰れるように
一生懸命助力してくれたり、当時慣れない高校生活を送る
俺に頻繁に声を掛けてくれたり、結局この高校へ戻れなく
なった時に、別れ際に家族の中でずっと受け継がれて来たという
聖書を、メッセージと一緒にくれたりと、とても良くしてくれた
恩人なのだ。

何度か電話や手紙のやりとりはあったものの、
お会いしたのは本当に最初の年に帰った時以来だから、
17年振り。コーチは数年前に奥さんを亡くし、
俺は結婚して子供が出来た事以外は、
「全くお互い変わって無い!」ってのが最初の挨拶でした。

MrPhillips.JPG

色々と昔話に花が咲いたんだけど、再会したらどうしても
聞いてみたかった事があったので、思い切って今回聞いてみた。

「あの……、当時ろくにルールもわかってない留学生が
チームに入って来て、実際足を引っ張る場面もあったと
思うんですけど、迷惑じゃなかったですか?」

「あっはっは、そんな事気にしてたのか!
ウチはそもそも勝率5割を越す事が滅多に無い弱小
チームだったんだから、気にする事は全くないぞ。
それよりも、フットボールを通じて友達が沢山出来たろう?
その事が私は指導者として嬉しかったよ」

と言ってくれたのだ。当然文句を言う選手もいたろうし、
選手起用も色々な問題はあったと思うんだけど、それでも
こう言ってくれた事で、長年胸につかえていた気持ちが
少し軽くなった。本当にありがたかったです。

改めて連絡先を交換して家に帰ると、もう5時過ぎ。
まだ外はあったかいとはいえ、さすがに美空をプールに
入れるには寒くなって来てしまったので、買ってもらった
プールは1日のみの使用。今後は犬達の水遊び場になるハズ(笑)

最後の夜だから、って事でのんびりみんなでおしゃべり
しながら過ごす。ホント、あっという間の滞在だった。

初めて留学に来た時は「早く帰りたい」「なんでここは
こんなに時間の流れが遅いんだ!」って思ったもんだけど、
意外と大人になったら早かった(汗)
今留学したら、ネットもあるし、携帯ゲーム機も充実してるから
当時程暇をこじらす事もないかな?

なんでわざわざゲーム持っていく?って思うかも知れないけど、
おじいちゃんおばあちゃんは夜が早いし、自分で移動出来る
足は無いし、どっか出かけるにしても、移動時間が
ホントに長いんだよね…。
結局休みの大半は寝てるか手紙書いてるか宿題でお終いなのです。

そんなミシシッピーだったけど、二年目以降も休みの度に
帰って来たりしてたから、いつまでもどのタイミングでも
帰って来れると思ってたんだけど、
気がつけばおばあちゃんももう 78歳。

後何回来れるかわからないけど、いつまでも元気で
また Baby Lucy と遊んで欲しいな。



posted by Taka@まさちゅ〜 at 15:26| サンフランシスコ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月03日

ミシシッピー旅行 2008 二日目

新聞記者のインタビューへのプレッシャーで
あまり寝付けなかったものの、それでも
疲労と時差ボケには勝てず、起きたら9時を回ってた。
カリフォルニア時間ならまだ7時で早朝なので
まだまだ眠いんだけど (^^;)

クーラーは喉を痛めるし、風邪をひきやすいから
止めてもらって一晩過ごしたものの、やはり南部だけあって
既に部屋の中がもわっとするような暑さである。
まるで梅雨時の日本みたい。でも体の芯まで
冷やすような冷房はかんべんなのである。
そういえばアメリカのエアコンって「除湿モード」
って見ないんだけど、そもそもそんな考えって
あるんだろうか……?
まああれも実際は微冷房らしいんだけど。

シャワーを浴びて、美空もお風呂に入れて、
キッチンへ行くと、おばあちゃんが朝食を用意して
くれていた。今でもデニーズとかに行けば食べれるが、
留学時代は毎日のように食べていたメニューが懐かしい♪

breakfast.jpg

翌日は 15年以上ぶりにグリッツも食べましたよ。
ちゃんと味が付いてるやつね。そのまんまだと不味すぎる(笑)

インタビューは午後2時からだという事なので、
それまでは南部らしく、のんびりと、本当にのんびーりと
みんなで過ごして時間を潰す。2エーカーある
(2エーカー = 約8100平方メートル。でも無駄に広い!)
という裏庭でブランコに乗ったり、ポーチで涼みながら
おしゃべりしたりと、ようやく休暇を過ごしてるような
気分になったなあ。生き返ったよ♪

Relax.jpg

お昼頃に娘さんが買い出しに行くというので、
丁度お昼寝の時間帯だったから、おばあちゃんに美空を
預けて近所のウォルマートへ。以前居た頃もウォルマートが
あったんだけど、場所をハイウェイの側へ移して、食料品まで
扱う「スーパーウォルマート」へと変貌していた。ほえー。

見たところ2割程度物価がウチの近所よりも安いみたい。
ただ、平均収入は2割程度の低さじゃ済まないだろうから、
物価は決して安くは無いのかも知れない。
その分消費税が安かったり、固定資産税が低かったり
するのかな?と思いきや、消費税は7%だし、
固定資産税は家が安いとは言え、10%も取られる。
1000万円の家なら、100万円の税金だ。
コレはミシシッピーの住人にはちょっと高いのでは
ないだろうか。ちなみにウチのエリアは 1.25%。
これも家の値段が高いから、軽く数十万円単位になる。
日本に比べると遥かに高いよなぁ。
http://www.bankrate.com/brm/itax/edit/state/profiles/state_tax_Miss.asp

高齢者や障害者は、75000ドルまでの家なら免税なので、
そうやって過ごしているのかも知れないが、普通に
家族が移り住むにはちょっと厳しいのでは?

唯一収税が最大 5%と低いのが救いなのかも知れない。
ただこれもリタイアしている高齢者にはあまり
関係の無い話なのだが。

多分保守的な土地柄だからあまり移住者を好ましく
思ってないのかも知れないし、こういった政策がさらに
余所者を遠ざける結果になってるかも知れない。
まあ、俺はこの先もミシシッピーで仕事があるとは
思えないので、さすがに定住はしないとは思うけど、
遊びに行くとやっぱり住めるかどうかを考えちゃうよね(笑)

ここウォルマートで美空用の簡易プールを買ってくれたので、
(ほとんど大きな洗面器。9ドルだったので甘える事に)
後で水遊びをしようという事になった。

ちょっとのんびりし過ぎたせいで、約束の2時の時間に
ギリギリでの帰宅になってしまった。ほどなくして
貴社の記者が汽車で帰社する……じゃなくて、
女性記者がやってきました。うー、キンチョーするなあ。

インタビュー開始までにちょっと雑談をしてると、
ニュースというよりも、コラムに書く題材として
話を聞かせて欲しいのだとか。適当にまとめるから
自由に時間をかけて話してくれ、との事だった。

その中で「留学中のハイライトはなんだった?」と
いう質問があったんだけど、なんでもかんでもハイライト
だったような、これといって特筆すべき事は無かったような…。

次に「とても仲良くしていた友人は?」という質問で、
友達の名字が出てこず(そりゃ 10年以上も音信不通なら
忘れもするさー)言葉に詰まってると、なんとなく

コイツ友達居たのか?

という感じの空気になって来ちゃいました (^^;)
いたよ、いましたよ!(数人だけど)

他にフットボールの時の珍プレーやら、
一緒に宿題を手伝ってくれたおばあちゃんが、
やたらと歴史に詳しくなっていったとか、
英語で苦労した事やら、パーティ会場を間違えたのに
撃たれずにそこまで車で案内してくれたエピソードやら、
「とても良い街で良い人たちだった」という話題を
中心に話させてもらった。

かれこれ1時間くらい話して、テープが切れた所で終了。
一応これでも過去に雑誌記者を目指した事もあったので、
ネタは多い方が良いとか、エピソード同士を繋げやすく
しておいたとか、後から記事を書きやすいような協力は
出来たと思うんだけどな。

そこで最後に記念撮影、って事で、おばあちゃん、俺、
美空、嫁さん、美空、美空、美空、美空………と
なぜか美空撮影大会に突入。とても日本人の赤ん坊が
珍しいのか、かれこれ美空だけで 50枚くらいの
写真を撮ってくれました。いったいどんな記事になるのやら、
ちょっと楽しみなような、怖いような感じです(笑)

この後にプールに入って晩ご飯。暑いから、と着ていた
甚平がとても評判良かったです。

pool.jpg

jinbei.jpg





posted by Taka@まさちゅ〜 at 08:36| サンフランシスコ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月01日

ミシシッピー旅行 2008

先週、休暇を使ってミシシッピーに行ってきました。

MicuSwing.jpg

「で、なんでミシシッピー?」って思う人も多いと思うけど、
アメリカ生活最初の一年間、高校に通ったのが
ここミシシッピーだったんですね。

夏期講習の時に短期滞在した、まだ旅行者気分の
ノースカロライナと違って、完全に「留学生活」した場所なので、
やっぱり自分にとって原点と言える場所なのである。

当時は、おじいちゃん&おばあちゃんと住んでたんだけど、
おじいちゃんは既に他界していて、今はおばあちゃんと
戻ってきた娘さんが街に住んでいて、おばあちゃんも
いつの間にやら 79歳。美空も産まれたし、まだ飛行機代も
かからないし、仕事が超忙しくなるのは5月からだし、
カトリーナからの復旧も進んだろうしって事で、
今しかねえ!とマイル使って行ってきました。

んで、まあ、予想通り、貧乏旅行だったせいで、
もの凄い大変でしたよ……。
ある意味日本に行くよりも辛かったかも(涙)



出発は早朝5時。前日まで仕事が詰まっていたので、
美空を寝かしつけると同時に自分もダウン……したはずが、
一度泣いた美空をあやしていたら、目が覚めてしまい、
結局 12時就寝。とても眠い。

空港側の私営駐車場に停めるので、地図を PocketPC に
表示させて嫁さんに渡しておく。ナビじゃないのは、
機材を全部リュックに既に詰め込んでる為。

幸い係員のいるゲートの目の前に停めれたので、
一応セキュリティ面でも安心かな?と思っていたら、
ドアを開けた途端にポケットから PocketPC が滑り落ちた。

かしゃーん 

と乾いたプラスチックケースの音。そして飛び散る破片。
もうバスが来ているので、パーツだけ拾い集めて
バスの中で修復するも、ヒンジが一本折れてしまい、
カバーが上手く開けない。要するにケースだけ壊れたのだ。
データも無事、機能面も全部大丈夫そうだったので、
そのうちテープででも補強するか、と気を取り直す。

考えてみたら、ここから「携帯機器の不運」が始まっていたのかも。

兎にも角にも朝が早すぎたお陰で、美空は飛行機でぐっすり。
パパ&ママも爆睡。乗り継ぎのデンバーでは、3時間も
待たされるので、軽く朝食を取った後に、子供が遊べる
スペースがあったので、美空と散々遊んでもらう。

Playground.jpg

なぜ昼間からパパとママがいて、ないがしろにされず
ずっと遊んでくるんだろう?という顔もせず、
超ご機嫌な美空。まあそりゃそうだろうな(笑)

意外と3時間の乗り継ぎ時間も子供が居るとあっと言う間で、
次のニューオリンズまでのフライトも、疲れてくれた美空は
またもや爆睡。そしてパパも後追いで爆睡。

ニューオリンズ到着は5時。ここまで10時間。
レンタカーを一日8ドルでアップグレードたら
出てきたのは韓国製・現代自動車のソナタ。
確か日本じゃヨン様が例の音楽で上を見上げながら
くるくる回ってた CM のヤツだ。

そんな事やってっから、劇中じゃ2回も車に跳ねられるんだ(笑)

と、いう事で人身事故には気をつけよう、と
乗ってみると結構良い車だった。乗り心地も良かったし、
USB 端子や iPod 専用コントローラがあるなど、機能面でも
マニア泣かせである。見た目がアコードにそっくりな事を
のぞいたら、かなりぐっと来るものがありましたよ。

で、レンタカーだといつも大変なのがギャジェットの接続。
特にカーナビは GPS とのペアリングやら、給電、
固定、音楽プレーヤーの再生、FMトランスミッタの受信と
PocketPC で全部まかなうだけに、1分そこらで出来る
ものではなく、最初は嫁さんに運転してもらって、
横で設定しながら出発。

本当は専用 GPS、専用音楽プレーヤー、専用端子等々を
使うのが一番安定するんだろうけど、荷物は倍になる。
これは PocketPC の利点でもある(それでも配線は多いけど)。

嫁さんはなかなか設定出来ないカーナビに超イライラしているが、
(そもそもチャイルドシートを設置しているから、
余計出発までに時間がかかってるだけで、それが無いならもっと早い)
それでもいきなり知らない場所でドラッグストアに寄って、
ちゃんと進路方向も無駄になっていない案内や、
地図のプリントのいらなさ、引っ越したおばあちゃんの家などへ
きちんと行けるという利便性にもちゃんと目を向けて欲しいんだけどなあ。

腹が減ったのでハティスバーグという南北戦争で大きな戦いの
舞台になった街でご飯。バッファローウィングが火曜日は
一本 40セントというとても美味しいスポーツバーに当たったようで、
がっつり食べたんだけど運転だからビールが飲めないのが悔やまれた。

メニューを熟考する美空
SportsBar.jpg

雰囲気も良く、今まで行った事あるスポーツバーの中ではかなり
上位に入る気がする。ちなみに店の名前は「Buffalo Wings」と
そのまま(笑)

その後運転を代わり、まだか、まだかと運転しつづけて、
到着したのはほとんど真夜中の 11時半。
なんとここまでトータル 16.5時間!!
日本に行くのと大差無いじゃん!
運転長い分、余計に疲れるぞ。

再会の挨拶もそこそこに、ベッドに向かおうと
お休みの挨拶をすると
「ホント良く来たわね。嬉しいニュースだわ。
そうそう、そんなんで明日新聞記者が来るからね♪」
なんていうので、「はっはっは、それなら凄いね」と
気の利いた返しも出来ず寝室へ向かおうとすると

「いや、ホントに来るのよ。インタビューしたいんだって」
「誰を?」
「あなたを」
「なんで?」
「久しぶりに帰って来たからでしょ?」

って、マジっすか? 

ちなみに新聞には過去にサッカーの試合結果やら、
表彰された事などが何度か載った事はあるんだけど、
個人的なインタビューって初めてだぞ。おいおいおい、
スーツ持ってきてないぞどーすんだ俺 (^^;)
そしてそんなにネタが無いのか、Newton Record(笑)

お陰で寝不足なのに、全く寝付けなくなってしまった初日の夜でした。



posted by Taka@まさちゅ〜 at 09:56| サンフランシスコ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月28日

さらばシャア専用携帯

……って、ソフトバンクのヤツじゃなくて
俺のカスタマイズしてたコレね(笑)

KRZR1.JPG

先日までミシシッピー&ニューオリンズ旅行に行ってたんだけど、
なぜか携帯運のとても無い旅行で、しょっぱなに空港の駐車場にて
PocketPC を落として、ケースを破損。本体で無くて、
本当に良かった…。地図とかプリントして来てなかったから
路頭に迷う所だった。

で、嫁さんの鞄を見た時に、先日友人にも指摘された
「鞄の横ポケットに財布は危険だろ」ってアドバイス。

ママバッグは荷物でパンパンに膨らんでるんだけど、
財布は脇ポケット内でしかもマジックテープで止めてるだけ。
「こりゃ絶対に落とすか盗まれる」って思ったのだが、
チェックインやらなんやらで財布を出し入れするから、
危なくてもこれは嫁さんにまかせるべきなんだろうなあ、と。

まあせめてパンパンに膨らむ鞄を軽減してあげようと
(財布が飛び出す確率も減るだろうし)
隣のカメラを俺の鞄に移して、ケータイをそこに入れ直した。
嫁さんも気がついたらしいのだが、何も言わなかったし、
これはこれで良い設定なのだろう、と。

で、電源を切っていなかったせいで、
電波を探しまくる>1日もたず電池切れ
という流れになった嫁はんのケータイ。
電池切れのサインがうるさいなー、と思ったのが
ニューオリンズ空港でレンタカーを借りたとき。

で、次に気がついたらもう無くなってたので、恐らく
道中で寄ったレストランで落としたのではなかろうか、と。
ケータイのあるポケットにはウエットティッシュが
入ってた、勝手に入れ直されたので、その場にケータイの
ある事に不慣れだった私はティッシュを出し入れした時に
落としたに違いない、とは嫁さんの談。

そうか……俺が悪いのか。
「小さな気配り大きな自爆」だったのか  il||li _| ̄|○ il||li

まあ当然モメましたよ。わかってるなら動かせよ、いやそもそも
道中使わないなら電源切ってしまっておけ、いやいやいや
どんだけモノを大事にしないんだお前はそもそも普段から
ギャジェットを大切にしないからそうやって無くしても
淡白にしてられるけどもし勝手に使われたらどうすんだ
1ドルでも請求が違ったら怒るのにそれは良いんか
とんでもない請求額が来たらどうすんだ大体携帯を止めたり
するんだって面倒だしあーたらこーたらうだうだぐだぐだ

……とねちねち帰りの道中で大ケンカ。
で、その翌日なんですが

俺の携帯が無え!

はい?なんで??さんざん注意しておいてコレですか?
っつーか、相当気をつけておいたのになんで???
と、どう記憶を巡らせた所で、無くした自分を責めはしても
言い訳なんて一切頭に浮かんで来ず、もの凄い機嫌悪い人でした。

結局保険が適用されるので、俺のは 50ドルにて新しいのが
もらえる事になって(ついでに皮ケースも保険でもらう事に)
嫁さんは旧シャア専用ケータイ(俺のさらにお古)を
使う事になりました。

でも新品でもモビルスーツのシールが貼られて無いなんて、
機能比 1/3 ですよ il||li _| ̄|○ il||li

ま、とりあえず後一年くらい我慢して、来年の今頃に
新型 iPhone に乗り換えですな。



posted by Taka@まさちゅ〜 at 15:51| サンフランシスコ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月20日

今日からチャリ通

chari.jpg

また今日からチャリ通シーズン再開です。
のんびりと録音しておいたラジオを聴きながら、
天気のいいカリフォルニアの住宅街を
爽快に走るのはとても気持ちが良いです。
体力の向上とエコな活動が繋がるなんて最高!



と言うのは表の顔。正直なところ
早起きが面倒くさいし、疲れるし
弁当から汁がこぼれるし(高校生か!)
実は今朝どんより曇ってたし
花粉飛び散りまくりだし鼻水じゅびじゅばだし
カナル型ヘッドフォンだから汗で気持ち悪いし
夏はシャツまでぐっちょりだから着替えがかさばるし
ガソリン高騰のせいで、お金が勿体無いから
貧乏人は体力勝負なんだ ゴルア(#゚Д゚)

って事なのですよ il||li _| ̄|○ il||li



posted by Taka@まさちゅ〜 at 09:41| サンフランシスコ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月12日

Lotto と隠居生活

lotto.jpg

今日うちの上司と「金が欲しいよねぇ。いくらあったら
隠居出来るかねえ?」という話をしていた時に、
なんと 100万ドル(約1億円)当たったとしても、
仕事は辞められないという事が判明。

理由としてはこんな感じ:
税金で半分持って行かれる(残金 50万ドル)> ローン全額返したとして、
残りは 40万ドルくらい > 年間の利子が 3% だとしても、
12000ドル程度の利子。半分は税金取られるので利子収入は 6000ドル。
> 今のマンションの税金と年間管理費で丁度チャラ。

って事は、手元に 40万ドル(約 4000万円)残るだけで、
後は収入は無いわけですよ。これが大きな家とか買い替えに
なった場合、間違い無くマイナス収支。

じゃあ実家に帰って、生活費として家族3人分 10万円納めてたら
どうなるか。1年で 240万円。とりあえず 33年は収入が無くても
なんとかなりそうな計算。おっ?これならどうだ???


……と、ふと気がついたけど、1億円当ててもニートになるしかない、
って考えしか出ないのは、なんか寂しいな(涙)
posted by Taka@まさちゅ〜 at 08:50| サンフランシスコ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月24日

マンガ喫茶と散財

ウチに遊びに来る人は「うおっ!まるでマンガ喫茶みたいだ!!」
と棚一杯に詰め込まれてた漫画に軽く驚き、そこから読書
まっしぐらになる人や、まとめて借りて行く人も。

で、天井まであった漫画棚だったのだけど、遂に入りきれなく
なったので、日本から「漫画専用棚」という売り文句の、
本棚を買って来た。と言うより、見かねた嫁さんが
片付けしなさい!と言って買って、日本から送ったのだ。

漫画専用と言うだけあって、少年誌系コミックだけでなく、
少し大きめ(ビッグコミック系)の単行本まで丁度入る
大きさ&奥行きなのである。確かに今までの本棚だと、
奥行きがありすぎたり(二冊分)棚の高さが合ってなくて、
上下に重ねて置いてたりしていたのだ。

さらにガラススライドドアが大事な本をダメージから
守ってくれる……という事らしいのだ。

数千円レベルで安かったし、じゃあいいかな、と
思っていたら、単位を勘違いしていて、送料が全然安くないし!
さらに重さが微妙に、ほんのわずかだけ規定オーバーで、
送料アーップ!! 結局ガラスだけ別荷物に入れて送ったところ、
案の定こっちに届いた時点で粉々に割れてました(涙)

ま、組み立てた後に気がついたんだけど、レールを上下
逆に「のりづけ」しちゃったから、どうせガラスがハマらない
んだけどね…… (^^;)

それじゃ、最初から更に数千円安いガラス無しモデルを
買っておけば良かったな、という罠。

Manga.JPG

そして益々充実していく俺の書斎という名の遊び部屋(笑)

しかし、数千円安いのがどうこう言う以前に、先週は 1500ドル
近い買い物を突発的にしてしまったので完全に感覚が麻痺中。

3000-main.jpg

Sleep Number Bed というキングサイズのベッドなんだけど、
簡単にいうとエアベッド(でも実体はちゃんとあるよ)で、
嫁さんと俺とで別々にベッドの固さが調節出来るという代物。
コレが頸椎ヘルニア持ちの俺にはすこぶる具合がよろしい。

嫁さんの強い希望で、美空と川の字で寝たいから、と
クイーンサイズからキングサイズに大きさを変えたのだ。
大きさ的にはクイーンでも十分なんだけど、上の別々に
固さ調節が出来るという理由で、真ん中にクッションが
入っていて、その上で美空が寝てると「ころん」とどちらかに
転がってしまうのだ。キングならどちらかサイドで完全に
一緒に寝れるし、これで夜中に起きて世話をする時も、
いちいちベビーベッドから取り出さなくてもよくなる、と。

俺側のこだわりはデジタルリモコンに変わる事で、今までの
固さ調整は「固い <---> 柔らかい」を適当に「がんばって」
あわせるだけだったんだけど、今回は数値で調節出来る
モデルなのだ。これで常に安定して自分のベストな固さで
寝れるハズ。まあ、近いうちにショールームで計測して
もらわないといけないけど。

ただ、デジタルリモコンって PSP 買えちゃうくらいの
値段なんだよなあ…。寝心地を取るか、PSP 買うか、
結構真剣に迷いましたよ (-_-;)

3000-pump.jpg

で、これらの一式セットが平日中に届いたので、今日は
これまでの自作ベッドフレームを撤去&加湿器で痛みまくった
窓枠の腐食をなんとかする為に、ヤスリ機とパテ、
ペンキを駆使してどうにか修繕しましたよ。
ペンキとホコリでノドが痺れる様に痛いですよ。ケホケホ。

月曜日にはベッドフレームも届くので、これで独身時代から
愛用していた自作ベッドフレームという名のブロック5個と
自作スノコもどき板とは今日でお別れです。

ついでにあちこちぶつけて削れた壁やドアの塗装もヌリヌリ。
多分注意して見れば微妙に色が違うんだろうけど、住んでる
人間ですら良く見ないとわからないレベルなので
まあなんとかごまかせてるんじゃなかろうか? (^^;)

業者に頼むとアホみたいな金額を請求されるので、
自分で上手く出来て大変満足♪

そうそう、ウチの引っ越しを手伝ってくれた人は知ってると
思うけど、ブロックで底上げしていた物置スペースが
市販のベッドフレームでは無くなってしまうので、
こういうの買ってきました。

bedlift.jpg

これでまた大量に荷物を収納出来ますわ〜。高い買い物しても、
なんか使い方が貧乏くさいんだよなあ……(苦笑)


あ、そんな理由で大量に板とブロックが不要になったんですが、
欲しい人に無料で進呈します。簡易靴箱、簡易本棚、もしくは
簡易テーブルくらいにはなるんじゃないでしょうか?(笑)



posted by Taka@まさちゅ〜 at 14:46| サンフランシスコ ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。