2009年07月02日

iPhone 3GS 購入計画

iPhone3GS.jpg

新しく出たばかりの iPhone 3GS ですが、中々評判良いみたいですね。
米国&カナダでは品切れが続いていて、今から買おうと思っている人は
手に入るのがもう少し先になるそうです。

で、ウチの携帯事情なんですが、俺がシリコンバレーに引っ越して
来てからというもの、ずーっと Verizon だった事もあり、
さらに初代 iPhone 発売 2ヶ月前に携帯を新調してしまった為、
2年縛りの契約で今まで iPhone に出来ず終いでした。

で、8月にようやく嫁さん&俺の両回線共に契約が切れるので、
いよいよ iPhone にしようと決意。購入する1番の理由は
「単純に欲しいから」なんだけど、「あー、そうくるか」と
もし持ってたら便利になる場面も少なからず増えて来たから。
それならこの機会に買っちゃえ、と思ったワケです。

そーいや、以前嫁さんに「自慢したいからだけでしょ」と言われたが、
それも大きくハズレてもいない気がする…… (^^;)

既に MobileMe を使っているのも大きな利点で、iPhone との連携も
取りやすいし、写真を送ったり見たり、動画も撮ったり送ったり、
万が一紛失しても「iPhone を探す」機能が使えるし、
これはまあ保険みたいなもんですかね。

今、安くなってる 3G でもいいかな、と思ったんだけど、
やっぱり後々速度に不満が出てくると思うし、
結局向こう 2年間縛られるんだから、3GS にしようと。

ちなみに iPhone 3GS は嫁さんに使わせる予定です。
子供を連れて外に出てる事が多いし、車の中で寝てしまって、
1時間くらい暇つぶしをしないといけない場面も多く、
また中々 PC の前にゆっくり座れない専業主婦なので、
空き時間にささっとメールチェックしたり、メッセージを
受けれたりするのが便利かと。

引っ越し後に固定電話を契約してないので、「帰るコール」が
難しくなってるのも、ケータイメールで解決です。iChat で送信するだけ。
さらに子供がグズったら必殺技の「子供向けテレビ番組」再生ですよ!
これで荷物が一つ減る(笑)

夜&週末は一緒にいるので、俺が使いたい時は使えるし、
充分元を取れる程使えるんじゃないかと思っています。

入手するのは 8月中旬なんで、色々と勉強中なんですが、
嫁さんに使ってもらう事も踏まえて、今後覚え書きとして
ちょくちょく書き留めて行こうと思ってます。


posted by Taka@まさちゅ〜 at 03:05| サンフランシスコ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月23日

WWDC 2009 へ行って来た

ちょっと前の話になりますが、プライベートでは引っ越しが、
仕事では6月末の大型締め切り&この会社に来てからは
初じゃないか?という出張の「WWDC」があり、てんてこ舞いでした。

wwdc1.jpg

「WWDC」という単語は、聞いた事ある人はあまりいないのでは
ないかと思うんですが「Apple が iPhone を発表した舞台」と
言えば、ニュースなどで見かけた事あるかも知れません。

wwdc2.jpg

基本的には、Mac の開発者が集まって、色々な公開セッションに出て
解らなかった事を質問したり、Apple 社員で開発者の人たちへ
直接講義を受けたり出来る、開発者向けのカンファレンスなんですね。

で、なんちゃってエンジニアの俺がなんでそんなのに出たかというと……
チケットが余ってるから行く?って部長に言われたので(笑)
自分へのご褒美……だったら良かったけど、スケジュール的に
厳しくなっただけ、な気もします (^^;)

実際いってみた感想なんですが、正直ん千ドルも払って行く程では
無かったかなあ、と。地元じゃなかったら飛行機代やホテル代も
出さないといけないので、さらに勿体無かったかも。

その理由として俺はプログラムに詳しく無いし、初心者〜中級者の
セッションで得られる情報ならウェブで検索する情報で充分な
気がしますし、上級者が受けるハンズオンは実力不足で無理。

アレはお祭りに参加するのが楽しいんだよなー、と初日の新製品の
発表に胸をときめかせたり、タダでランチが食べれたり、
木曜日の夜にパーティがあったり、会社の激務から逃げて来て、
一週間「勉強」扱いで遊べるとか、そういう楽しみ方をするのが
正しい WWDC なのかと(嘘です。ちゃんと出てる人ごめんなさい)。

wwdc3.jpg

そうそう、参加している人のほとんどが Laptop を持ってたんですが
当たり前のように「Mac率 99.8%」くらいでした。
0.2% がネットブックで「確かに小さいと出張には便利だよなあ」と
思ってみてたら、走ってる OS が「hackintosh」という
これまたマンガみたいなオチ。みんな Mac ラブ過ぎでしょ(笑)

そういえば、隣に座ってた人が、iPod Touch を拾ってました。
突然セッション中に「キミのかい?」と聞かれてびっくり。
どんだけ高級な落とし物だよ、と驚いてたら「さっきは iPhone
拾ったんだ。また忘れ物&落とし物コーナーに行ってこなきゃ」と。

俺なら iPod Touch だったら個人的にポケry(爆)

ごほんげほん。えー、多分来年以降はまたしばらく行かないと思いますが
(上から命令されたらそり ゃいってきますけど)、今年は、
Snow Leopard も控えて、iPhone 3GS + iPhone OS 3.0 が同時に
あって、タイミング的には結構面白い経験だったなあ、と。

posted by Taka@まさちゅ〜 at 14:11| サンフランシスコ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月30日

プリンターを買った

何年も前から買い替えたかった、家のプリンター。
今使ってるのは HP の「PSC 2150」という
複合機ってのが一般的になって来た、太古の機種で
もう7年近くも使ってるモノ。嫁さんが日本で買って、
こっちに持って来たんだよなあ。あんなにデカくて重いのに(笑)

USB も 1.1 だったけど(これが遅くて遅くて…)、
設定次第ではネットワークからプリント出来たり、
意外とコピー機能が役に立ったり、書類をスキャンしてメールしたり、
当然プリンターとしても現役バリバリで活躍されていたのですが、
Leopard に正式対応していない事と、一度インク漏れ事故が
あってから写真印刷の画質に問題が出て来てて、ずっと買い替えを
狙っていながら既に2年以上経っていたのでした。

で、新しいプリンターは、キヤノンの「MX860」という機種にしました。

mx860.jpeg

http://cweb.canon.jp/pixus/lineup/allinone/mx860/index.html

またしても複合機なんだけど、この7年間の技術の進歩ってのは
ホントに凄いもんで、無線LANを搭載し、電源にさえ繋げられれば、
家のどこからでもプリント出来てしまうのだ(無線経由でスキャンも
可能らしいが、PCとプリンタが遠く離れている場所まで歩いてからの
スキャンは中々しないと思うので、これは多分使わないかも…?)。
ただ、複合機はデカくてかさばるので、置き方の自由度があがるのは
大歓迎である。

で、引っ越しを控えたこの時期に、なんで急にプリンターを買ったのか
というと「ADF」という機能を使いたかったから。簡単にいうと
「自動両面スキャン機能」の事です。

これは上の給紙口にレター・リーガル・A4 サイズの書類を乗せておけば、
30枚くらいまでなら一気に取り込んで、自動で電子化してくれるんですよ。
気になっていたスピードもかなり早かったです。

これを何に使うかというと「この書類捨てたいなあ。でもいつか
使うかも知れないしなあ。捨てるか……いや必要か???」と
いう類いの書類を、引っ越し前に一気に取り込んでしまおうと
思ってるんですよ。

例えば、首の手術をした時に来た、病院関係の同意書や報告書。
いつか再発したら必要になるけど、それでもキャビネットの 1/4 を
占拠しておく程の書類はやはり多いし引っ越し時にはかなりかさばる。

コレを全部 PDF にしてしまって、もし今後必要になるのなら、
そこからプリントするなり、直接メールするなりしてひっぱり
出してくればいいのだ。PDF化する事によって、検索も可能になるし、
Mac だと Spotlight を使えるので、意識しないで探して来れる。

他には、5年以上前の確定申告や、数年前のクレジットカードの
請求書、給料明細(意外と提示を求められるケースが多い)、
保険の詳細、その他諸々、キャビネットの8割くらい、
段ボール箱にして5箱分くらいの書類を処分出来るんじゃないかと
考えてます。

HDD が飛んだらヤバイので、DVD にもバックアップをして
おこうと思うけど、それでも2〜3枚もあれば充分のハズ。
段ボール箱よりも全然マシでしょ(笑)

試しに、昨日帰ってから机周りの、雑誌の切り抜き、契約書、
バースデーカード、メモなどを取り込んでみたら、
一気に机がスッキリ。紙ってこんなに散乱してたのか……。
PDF にした時の文字認証も今の所うまく行ってるようだし、
この週末は一気に取り込み作業に勤しみたいと思います。

将来的には、買ったまま埋蔵されてる小説とかをバラして、
取り込みして、PocketPC とかで読める様にしようと。
A5 サイズは両面印刷に対応してないけど、片面ずつ ADF で取込んで、
後から奇数、偶数を並び替えて PDF にする方法があるらしいので、
なんとかなるんじゃないかと。

……はたから見たら、遊んでる様に見えてないだろうか。
えーと、コレもちゃんと引っ越しの一環ですから!(爆)


posted by Taka@まさちゅ〜 at 08:19| サンフランシスコ ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月14日

GIZMODO に載った

と言っていいのかな……?

マイミクの、のぶりんが Facebook にて紹介してた
写真があまりにも「ガンダムのスペースコロニー」だったので、
思わずガンダムネタの多いギズモに「とりあげておくれ!」と
投稿したら、見事に扱ってくれました!
http://www.gizmodo.jp/2009/05/post_5529.html

ガンダムファンじゃなくても、一見の価値アリですよ♪


posted by Taka@まさちゅ〜 at 16:44| サンフランシスコ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月30日

Ubuntu 9.04 と Puppy 4.2b2

ubuntu.jpeg Puppy.jpeg

今日はリナックスという OS のお話。

最近、Ubuntu という大手から、9.04 がリリースされたので、
ダウンロードしてみた。Linux は基本無料がほとんどなので、
気軽に試せるし、LiveCD といって、CDから起動させれば、
現在入っている OS を壊す事なくお試しが出来るのです。

で、非力な PCで動かす事を目的として作られた、
Puppy Linux も 4.2 のベータ2が出ていたので、
こちらも試してみる。Puppy の場合は、LiveCD でも
データ全部をそのまま HDD に「一つのファイル」として
保存してくれるので(HDDの中に仮想HDDを作るような感じ)、
お試し以上の事を出来てしまう。

で、今回両方の Linux を試して思った事。
「なんか無線LANの設定が難しくなってるなー」って事 orz....

Ubuntu も Puppy も一つ前のバージョンは、嫁さんのPCから
あっさり繋がる位無線LANの設定が簡単だったのに、
今回また分かりづらくなってるんですよ。相変わらず無線LANが鬼門。
おそらく腰を据えて、じっくり取り組めば繋がるんだろうけど、
意識しないで繋がった前回と違うってことは、そこが難しくなったって事。

多分、3G回線での接続をサポートしたとか、
内蔵GPSとの連携を強化したとか色々あるんだろうけど、
ラップトップから、もっと簡単に無線LANに繋がるように
して欲しいなあ。このあたりは Mac OS を見習って欲しい。

それにしても色々な OS をいじって思う事は
「最近はPC環境が変わってもあまり影響は無いんじゃないか」
って事。

Hotmail や Gmail のように、大容量メールサービスのおかげで、
メールは常にサーバーに置く様になったし、予定表やアドレス帳、
オフィス書類も Google で統一しちゃったし(サーバー上に常にある)、
FireFox みたいなマルチプラットフォームで展開しているブラウザの
おかげでブックマーク一つ持ってくるだけで、全く同じブラウザ環境に
なるし(ブックマークの同期を取るサービスもある)、後は写真や音楽、
書類などだけを移すだけで済む。

コレもまとめて NAS(家庭内サーバーみたいなもん)などに常に
乗せておけば、いちいち移動させる事すら無い。特に音楽なんかは、
iTunes サーバー機能で、他の家族と共有出来てさらに便利なくらい。
ちなみに家の外からアクセスも出来てしまうので、iPhone みたいに
どこでも常に通信出来るなら、HDD 容量は最低限で充分なのだ。

サーバーになんでも乗せて、各端末からアクセスするというのを
「クラウドコンピューティング」と呼んでて(雲の上に置いてあるものに
アクセスするというイメージなんだろう)、どの会社も最近はどんどん
そっちに移行してこうとしているし、実際とても便利だと思うし、
結局普通の人には「OS がなんであれ、だいたい出来る事はいっしょじゃん」
という事になる。ま、ビデオ編集やゲームなど、重たい作業はまた別の話に
なるんだけど。

そうなると、一般的な端末に求められるものっていうのは

・ネットワーク接続速度
・繋がりやすさ
・バッテリーの継続時間
・使いやすさ(簡単で安全で技術者以外でも使えるというレベル)
・値段の安さ

などが重要になって来ると思う。そういう意味でも、iPhone はどこでも
繋がる情報端末として、使いやすさとして Mac は上手くやってるなあ、と
特に感じる。

Ubuntu は Linux の中でも群を抜いて使いやすいように思えるし、
Puppy はアホみたいに古いPCでも動く軽量さが魅力。
差別化として、無料ってのもすごい大きい。
後3年もしたら、メイン端末の最初の選択肢に Ubuntu や Puppy が
入っても全然おかしく無いのかも知れない。

結局何が言いたかったかっていうと、「最近PCの調子が悪いなあ。
買い替えたいなあ」って思っているなら、サービス関係は全部
オンラインで出来る物にまとめておいて、一度 Linux でも試してみたら
どうか?っていう事。

新しい事を覚えるのも結構楽しいし、想像している以上に
Linux って使いやすい事に、驚くと思いますよ。

なんといってもタダだしね(笑)
posted by Taka@まさちゅ〜 at 06:49| サンフランシスコ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月03日

快適なオフィスとラジオ

先日引っ越して、すっきり片付けたオフィスも、未だ散らかる事無く
すっきり状態が続いております。中々快適♪

ところで、端の席に移っただけでなく、偶然にも隣が空席で、
さらに通路を挟んで他の席がある為、俺の机はほぼ孤立状態。
よって仕事をサボってもバレない……もとい、大変静かな環境が
貰えたんですが、静かな事よりも気に入ってる点が「多少音楽を
うるさく聴いていても、隣近所に迷惑にならない」という所。

最初は iTunes のネットラジオで、ジャズとかクラシックとか、
結構良い音質で聴いてたんですが、どうも同じような内容ばかりで
飽きて来てしまって、次に手持ちの音楽を聴いてると、
これまた飽きが来てしまう。懐かしい楽曲も多かったんだけど、
数千曲の転送も面倒だったし、過去に散々聴いて来た曲ばっかり
だったのも大きいかも。

んじゃポッドキャストかな?って事で色々聴いたんですが、
どうも仕事に集中してると「人の会話」を聴く事が難しいみたいで、
全然ポッドキャストの内容が進まない。単純作業時は良いんだけど、
バグ取りとか集中してるともうダメ。

やっぱり音楽だなー、という事で原点回帰したら、ちょうど先日
Mac 版の「KeyHoleTV」が出ているというニュースがあったので、
試してみる事にした。

tv_cyan_01.gif

この「KeyHoleTV」は有志のユーザーが好きなメディアを自分の
PCから配信出来るというソフト。で、凄いのが PC環境で TVやラジオが
受信出来る人なら、それをこれで配信出来るという事なんですね。

実際使ってみると、TV画質はワンセグ以下で音声も音割れ、
ラジオの方の音質は「安定した AM」ってレベルで、
FM放送でも AM並になっちゃいます。

当然録画・録音出来るような機能も無いし、PocketPC版を使った時や、
Windows版を見た時は正直微妙なソフトだなー、と思ってたんだけど、
いざ「ラジオに限定して、Macで受信して聴き流ししてみる」と
コレが俺の環境にピッタリ。

放送局も色々試して、FM Yokohama に落ち着いたんだけど、ここは
音楽主体でニュースあり、リスナーからの電話あり、街レポあり、
交通情報あり(コレは全く役に立たないけど)、天気予報や、
ちょっとした生活の小ネタが面白い。

全然集中して聴かなくても勿体無いと思わないし、生放送しか
聴けないから巻き戻しも出来ないから聞き逃しても諦めもつく。
CMもちゃんと流れるので、まるで日本にいるみたいです。

アメリカにいるのにこっちの音楽情報に全然疎いので
(というよりも、意識して情報収集しないと、普通はそうなると思う)
売り上げトップ10とか聴いて今の流行がわかったりするのも
ちょっと不思議な感じですね。当然日本の流行もわかります。
そしてレミオロメンの「sakura」がヘビーローテ過ぎです。
良い曲だとは思うけど、さすがに飽きるぞ(笑)
*今の時期「さくらソング」がかなり流れます。

FM Yokohama は適度に洋楽と邦楽の色々なジャンルが適度に
混じってるのが良いですね。自分からは好んで聴きに行かない
Hip Hop や Rap、アニソンなどが流れても、聴きたく無かったら
「聞き流し」が出来るので気にならないし、以前程苦手意識も
無くなってる気がします。

当然番組の意向とかもあるので、流れてる曲が流行ってる曲では無い、
と解るくらいの年齢は重ねてますんで、その辺は納得ずくで聴いてますが、
早朝に「懐メロ」が流れまくる番組が聴けたり、なんかの
プロモーションなのか、先日は「郷ひろみ」がヘビーローテで
流れてました。「エキゾチック・ジャパン」が結構好よかった(笑)

スペインにいる「ユキ」とか、東海岸の「ダンサー」とかが
聴いたら地元ネタが多いので楽しいかもよ?
藤沢ジャンボゴルフがスポンサーの番組とかあるんだぜ(笑)

ただ、前日「著作権違反しているので停止する様に」という
勧告がされたとかで、いつまで使えるかわからないんだけど、
完全停止されるまでは、有志の方に感謝しつつ、楽しませてもらおうと
思ってます。

俺は録画出来ない、画質の劣化は大いにある、CMも飛ばせない、
という面で、録画される HDD レコーダーよりもよっぽど CMに
触れる機会が増えると思うんですけどね。製品だって、こっちで
買える物だって多いですし、企業イメージは浸透しますからね。

願わくばずっと続いて欲しいなあ。

KeyHoleTV
http://www.v2p.jp/video/index.html
posted by Taka@まさちゅ〜 at 05:35| サンフランシスコ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月26日

HZ10W レビュー:画質編

仕事で真夜中まで残業があったり、小旅行中に車が壊れたり、
ここの所、嫌になるくらい色々とあったものの、ようやく、
本当にようやくになりますが少しまとまった時間が出来たので、
肝心の「画質編」のレビューします。

*その間に、フルHDが撮れるソニーのハイエンドコンパクトや、
どんどん HD撮影可能なカメラが発表されまくりましたが (^^;)

まあ、結果的に、サンプルも多く撮る事が出来たので、
その点では少し多めに違ったパターンの画を公開出来るかと。


まずは静止画なんですが、なんと言っても最大の特徴
「24mm 広角ワイドレンズ」は、未だそこまで標準装備で
突き抜けているメーカーが無いので(Lumix TZ7 と FT1 が
25mm で一番近い)、この点で HZ10W はかなりの恩恵を受けます。

どれだけ違うもんかと、嫁さんの Lumix FX33 が 28mm なので、
横に並べて撮影してみました。ちなみにレンズが一番飛び出した
位置で線を引いて、その場所から両機とも撮影しています。

こちらが Lumix FX33 の 28mm
28mm.JPG

でもって、こっちが HZ10W の 24mm
24mm.JPG

ちょっと暗いけど、24mm の方は、上のメニューバーが見えたり、
キーボードの表示される数が多かったりと、ずいぶん違う事が
わかります。

正確なレビューの場合は、方眼紙とか、専用の壁紙とか使うべき
なんだろうけど、雰囲気だけでもつかんでもらえたら、と (^^;)

他にも、広角ならではの撮影だなあ、と思ったのが、
車内や室内での撮影。被写体と十分に距離が取れなくても、
しっかり写ってくれるんですね。これはありがたい。

98年型 Imprezza の車内にて
shanai.jpeg

公園で子供と超接近時:遊具を挟んで 50cm くらい
kouen.jpeg

ここまで、曇り空か室内でしか撮影出来なかったんだけど、
旅行中に晴れのシーンがようやくあったのでそのサンプルを

快晴:やっぱり至近距離から撮影
intheSun1.jpeg

雪山にて:「シーンモード:雪」で撮影
snow.jpeg

動物園にて
kujaku.jpeg

こうしてみると、当たり前なんですが、晴れの日は結構
奇麗な画が撮れますね。動物園では緑も奇麗に見えますし、
個人的にはこの画質で文句は全く無いです。


次にビデオ撮影時の暗所性能。
ぱっと見「暗いかな?」って印象があったんだけど、
実際今まで使ってた EX-V7 と比べたら、ずいぶん明るい画で
撮れてました。

下は撮り比べたビデオの1シーンです

EX-V7
Soccer_EXV7.jpg

HZ10W
Soccer_HZ10W.jpg

ほぼ同じ場所から撮ってるんですが、HZ10W の方が
写ってる情報が少ないのは、少しズームしているからです。
そうじゃないと、広角過ぎて、手前の壁ばっかりが
映っちゃうんですね(笑)

画質もずいぶん HZ10W が明るく見えます。
EX-V7 はカスタム設定で、相当明るい設定にしてたつもり
だったんですが、デフォルトの HZ10W よりも全然暗かった。

少しズームしての撮影ですが、いつも撮影してもらっている
チームメートの彼女は「今までより(EX-V7)よりも、
しっかりワイドで映るし、画面も大きくなったし(2.7インチ)、
そのおかげでカメラを動かす量が少なくてすむので、
とても撮りやすくなりました」って言ってくれています。

確かにしっかり被写体がフレームに収まっていれば、その分激しく
カメラを動かす事も減る訳で、必然的に手ぶれも少なくなりますし
一度撮影を開始してしまえば、撮影中はとても撮りやすいカメラ
なんですが……。

実は撮影を開始するまでに「結構がっしりとシャッターを
押さないと撮影開始されない」ので、ここだ!っていうシーンを
撮り逃す事も多かったりします。

特に電源を入れてから、ビデオ撮影開始されるまでに、
時間が掛かりすぎます。感覚的には、3〜4秒かかってるように
感じますが、それ以外にも画面は点いてるのに、撮影が出来ない、
ボタンも反応が重く何度もボタンを押す、そのうち開始される、
即座に止まる、あれれ、もうチャンス逃した……というケースが
多いんですよ。慣れていない人が使うと、全然撮れていなかった、
という状況も多々ありました。

このあたりはもう少し、レスポンスを改善して欲しい所。
じっくり長時間撮影するなど、サッカーの試合等には向いてますが、
子供撮影にはイマイチ、という感じでしょうか。
そういう意味で、現時点ではクセがあって万人にはお勧め出来ない
カメラに仕上がっています。


普段使いの暗所撮影性能ですが、室内でも普通の明るさがあれば、
多少のノイズは乗るものの、それでも十分奇麗に撮れてる様に
見えます。

室内:夜撮影

時折入る「親バカ音声」は無視して下さい (^^;)

あ、ちなみに音質は思ったよりも全然良いと思います。
ちゃんとステレオしてますし。

ノイズは、PCのモニターで見るとやっぱり目立ちますが、
十分合格点じゃないかと。

屋外:曇り

野外は曇りだと、露出が「?」という状況になる事もあります。
他の動画では色が紫っぽく出る事もありました。

屋外:雪山

ズーム&フォーカス性能を見てみました↑

晴れの時はさすがに奇麗ですね。フォーカスを合わせる速度は
こんなもんでしょうか?さすがに専門のビデオカメラには
敵わないかな。


まとめ

やっぱりビデオとカメラを一台にまとめられるのは、
子供がいる親にとって、荷物が少なくなるのでとても助かります。
充電器も、専用 USBケーブルを専用アダプタに差すか、
バスパワーの取れる USBポートに差すだけで充電出来るので、
クレードル必須だった、EX-V7 よりも旅行向きです。

本体サイズはそれなりにデカいですが、まわりの荷物が
少ない分、総合的な荷物量は減りますし、やっぱりビデオ&カメラが
一台で済むのはとても魅力的です。

使ってみてから感じたのが、解りづらいモード設定と、
レスポンスの悪いシャッターボタンのせいで、残念ながら
がくっと評価が下がりました。

また、イレギュラーな事かも知れませんが、この雪山旅行中に
カードエラーが頻発して、何度も抜き差しして撮影していたら、
帰宅後全くカードの中のデータが無くなった、という状態になり、
専用ソフトでなんとか復帰させた、という事がありました。

大事な旅行の思い出があわや全部パァになる所で、この原因が、
カードにあるのか(Trancesend 16GB SDHC ですが、
PocketPC では過去に全く問題が無いんですよね)、
娘が動画を観た時に興奮してカメラを触った時に
どうにかなってしまったのか、雪山での寒さにやられたのか、
その辺りはよく解らないんですが、一度こういう経験をすると、
気軽にいつでもどこでも、と言う訳にはいかず、
ちょっと慎重になっちゃいますね。

そんなワケで、念の為に旅先では予備のカードを持ってた方が
良いかも知れません。


そうそう、最後になりましたが、Mac で取り込んで編集を
しようとしても、そのままでは上手く行かず、ひと手間かけないと
素材をいじる事が出来ないので、その点は注意が必要です。

幸い自分はいつも愛読している TKYSSTD さんのサイトで、
NV24HD という機種での対処方法を目にしていたので事なきを
得ましたが、Samsung 製特殊 H.264 MP4 ファイルの事を知らないと、
ちょっと焦るかも知れません (^^;)

詳しい対処方法が説明されていますので、困った方は
一度参照される事をお勧めしますヨ。
http://muujp.cocolog-nifty.com/tokyoshashi/2008/08/samsung_nv24hd_3da4.html#more

自分はこの情報をベースに、Automator で自動変換スクリプトを
「QuickTime Pro」用に作りました。確認しましたが、
「MPEG Stream Clip」でも同じ事が出来ます。これなら無料。

実際は要らない箇所とかを削るので、そのついでに変換作業を
してしまうので、ほとんど Automator を使う事は無いです。
なんという購入後のテンションの高さによる労力の無駄(笑)


というワケで総評

AVCHD が嫌いじゃないなら、素直にプラス1万円で
Panasonic の TZ7 か FT1 にしておきましょう。

同じ価格帯なら AVCHD が嫌で、広角 28mm でも十分なら、
ソニー Cyber-shot W270(ステレオ音声で MSPro Duo
*調べ直したら、モノラル音声とのことでした)
かキヤノン IXY 510 IS(モノラル音声で SDHC)かなー。

さらにサイズがデカくなってもいいのなら、ソニーの
Cyber-shot HX1(フル HD & ステレオ音声、4月下旬発売予定)でしょうか。
値段も 5万円半ばと、HZ10W の倍くらいデカいんだけどね(笑)

よくよく見回すと、やっぱり広角、720P HD以上、ステレオ音声、MPEG4動画、
を満たすコンパクトカメラって中々無いんですよね。

そう考えると HZ10W は十分楽しめるカメラだと感じたので、
向こう3年くらいは遊んでみようと思っていますよ♪


posted by Taka@まさちゅ〜 at 17:23| サンフランシスコ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月19日

良い事ばかりは続かない

HZ10W の画質レビューをしたいのだけど、仕事がたてこんでいて、
まとまった時間が中々取れないので、先に先日のオフィスの
引っ越後にあった「悪い話」の事を。


あの写真を撮ったその夜、浮かれ気分で MacBook Pro を起動して、
ビールなんぞを飲みながら使っていると、ふとしたはずみに
手を滑らせて、おっ、とっ、とおおおおおっ!? ざばー。

………ざばー、とな?

えええええ、って、これはまさに

MacBook Pro にビールがけ祝賀会状態

ではないですか。

別に熱を持ち始めた MacBook Pro がのどの渇きを潤して
欲しかったとは思いませんが、いや、違う。こぼした、
ビールこぼしたよ、大洪水だよ、落ち着け俺。あわわわわ。

こんな脳内イメージ
Day After.jpg

目をやると必要以上に「どばー」とキーボードの上に広がるビール。
そして「ぶつんっ」と落ちるモニター。ぼーぜんとする俺。

あああ、今思い出してもちょっと落ち込むぞ  il||li _| ̄|○ il||li

最近配給されたばっかりの MacBook Pro だし、そもそも
ビールこぼしてる時点ですげぇ怒られそうだし、
あー、でも会社の至急品って事は、保険効くよなあ、などなど
色々と頭を巡ったんですが、0.256秒で正気に戻って、
まずは急いで電源を切り、本体を逆さまにして、バッテリーを外し、
キーボード部にはキッチンペーパーを敷いて、しみ出してくる
ビールを常に受け止めて吸い取るようにした。

パソコンに飲み物をこぼしてしまった場合、ショートさせないように
「とにかく通電させない事」が最も大事で、次に大事なのは
「慌てない事」と、不安でも「焦らない事」だと思う。

ダメで元々だけど……、という事で今回試したのは
・しっかり拭く
・しっかり乾かす
・完全に乾くまで電源を入れない


という事を徹底しました。特に「うわああ、壊れてないかなあ、
大丈夫かなあ」と確認したくて、つい電源を入れそうになるけど、
ぐっと我慢するのが実はとても大変でした。

一時間くらい逆さまにしていると、ビールがしみ出してくる事も
無くなり、後は自然乾燥だという事で、逆Vの字に軽く開いた状態で
立てておき、悪夢にうなされながら頑張って寝ました (^^;)

翌朝。少しビールがべとべとするけど、濡れたキッチンペーパーで
キーボードを拭いておいたので、表面はあまり気にならない。
むしろキーを押すと「ぱりぱり」という音がするのが気になる(汗)

ここで電源を入れたい欲求に駆られるけど「そーいえば車の中は
さらに乾燥してるよな」って事で、バッテリーと蓋はハメずに、
そのまま逆V字の格好のまま助手席に乗せて、会社まで 20分の道のりを
暖房 MAX に効かせてやって来ました。えらくのどが乾いたので、
多少は効果あった?

オフィスに入って、Cinema Display と接続して、LAN ケーブル
繋げて、USB 繋げて……と、最後に電源ケーブルを繋げてみる。
すると「ふわっ」とオレンジ色のランプが接続部に点灯した。
おおっ、とりあえず通電した!電源部は生きてるぞ〜!!

次に祈る思いで、主電源を入れると「ぱり」っと音がするが、
構わずぎゅっと押し込む(涙)

すると例の起動音「じゃーん」が聞こえた!スピーカーも生きてる。
おおっ、グレーの画面が出て来た!!!! モニターも生きてるぞ〜!!

が……あれ?いつものタイミングで Apple マークが来ないぞ。
焦りつつも、じっと画面を見つめる俺。

うわー、やっぱりダメか?と諦めそうになった瞬間

Apple マーク キタ━━━(゚(゚∀(゚∀゚(☆∀☆)゚∀゚)∀゚)゚)━━━!!!

そうか。ビールをこぼした時に、いきなり電源を落としたから、
色々チェックするモードに入ってたから時間がかかったのか。

ここからは少しずつ検証。
ログイン画面に入る:OK
ログイン項目 全て起動 OK
キーボードビューアを起動して、
全てのキー入力を確認する:OK(ぱりぱりするけど>笑)
タッチパッド:全ゼスチャーOK。押し込み OK。

まあキーによっては、戻りが遅くなったり、タッチパッドの
押し込みが、中々戻って来なかったりしましたが、
メールを3通くらい書いたら、ほぼ元通りになりました。

今、一週間後にこのエントリーを MacBook Pro で書いてますが、
その後システムが落ちる事も、熱暴走する事も、不安定に
なる事も無く、全く問題無く使えています。

唯一の問題らしい問題といえば、俺のオフィスが、
飲んでもいないのに朝からビール臭い事でしょうか?(爆)


あー、でも無事に直ってくれて本当に良かった。これがもし
コーヒーとかワインとか、もうすこし粘着力の強い飲み物
だった場合は、キーボードがダメになってたかも知れない。
水のように薄い安物のビールを飲んでたのが助かったかも(笑)

ちなみに飲んでたビールはコレ
MGD.jpeg

まあいざとなったら水で洗うつもりでいましたが(かなり本気)。
特に全部パーツをバラバラにして、蒸留水で丸洗いすると、
復活する事もあるそうです。HDD 部はさすがに避けますが…。

みなさんもパソコン周りで飲み物を飲むときは
本当に気をつけましょうね (^^;)


posted by Taka@まさちゅ〜 at 09:02| サンフランシスコ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月14日

お引っ越し

と言っても、自宅ではなくて、社内で部署の場所が変わったのです。

なんだかんだと9年も勤めていると、ゴミなのかそうでないのか、
わからない物も多く、今回は多くの物を思い切って「てやっ!」と
捨て切りました(その多くは前回の移動時から全く使わなかった
物ばかりだったので……)。

でもって、おもちゃ類は、近所に出来た「ダイソー」にて
フィギュアなどを飾れるプラスチックケースを大量に買って来て、
まとめて飾ってみるとスッキリ。積もるホコリはブラシで簡単に
とれるようにした。ちなみに Mac/PC の壁紙も、フィギュア類と
同じ系列でまとめてます。ぶっちゃけガンダムかファミコンだ(笑)

綺麗に片付いたので、新しいカメラを持ってたので激写。
24mm 広角ワイドレンズが効いてますねー。

NewOffice.JPG


窓際の席をもらえたので、外をみると、玄関前の花壇が一面に見えます。
まるで「役員の机みたいだ……」と思えるほど、入社以来最高の好環境。
夕暮れ時にブラインドに指をかければ、石原裕次郎ごっこまで
出来ますよ(爆)

こりゃー、なんか悪い事でもある前触れか……と思ったらやっぱり
ありました。続きはまた後日! (^^;)

posted by Taka@まさちゅ〜 at 16:35| サンフランシスコ ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月11日

デジカメ HZ10W レビュー:購入編

ちょっと仕事でバタバタした日が続きましたが、
ようやく日記を書ける余裕が出て来たので、5日に届いた
720p HD 動画撮影が可能なコンパクトデジカメの
「Samsung HZ10W」のレビューします!

HZ10W_B.jpg

ちなみにまだ静止画は、100枚も撮っておらず、
ムービーも娘をちょこっと撮ったのと、
インドアサッカーの試合を1ゲーム(1時間)撮っただけ、という、
あまり一般的には参考にならない状況でのレビューとなります (^^;)

それでも日本語で HZ10W のレビューを書いてる人がいないので、
まあ無いよりマシかな……と。

とりあえず購入までの流れ。



1月の発表時からずーっと Amazon.com にて「Out of Stock」と表示されていは
いたものの、実際は「在庫切れ」ではなく「入荷待ち」であり
「Coming Soon」だろ、という突っ込みを大体一ヶ月くらい
繰り返し続けていた二月末、ようやく「入荷!」の文字が!!

Amazon で出店しているお店だけが売りに出していて、
いきなりの $30引きで $270!! これは Amazon が扱い始めるか、
週末になればもっと下がるな、と予想を立て、翌日のぞいてみると
なんと一気に $290 になってる。たった一晩限りの出血セール……
というよりも、値段を付け間違えただけだな(笑)

うー、安く買い損ねたぜ〜、どうしようかなあ、送料込みだと
$300 超しちゃうなあ(Amazon 以外は送料を取る所が多い)
と迷いながら週末を過ぎた頃に異変が起きた。
なんと Amazon のサイトから商品が消えたのである。

ウィッシュリストから見に行けば、ちゃんとあるのは見えるんだけど、
検索すると全然出て来ないのだ。本場韓国やヨーロッパでは
普通に発売しているみたいなので、アメリカで何か条約違反でも
起きたんだろうか?それか単純に在庫確保が出来ないので、
削除されたんだろうか?だったらなぜ出店してる店の情報が
消えないんだろうか(カートにも入れられるし)……???

と、ある種の胡散臭さを感じてしまい、数日間手が出せずに
過ごしていると、ある日出店者が一気に値段を下げて、$259 で
売りに出してるじゃないですか!やっぱり Amazon 側のミスで、
在庫を抱えるリスクを嫌った店が、一気に勝負に来たと見た!
送料も前と変わらず $5.49。

てなワケで、ポチっと逝きました(笑)

Amazon の発送情報を見ると「3/1〜3/5 の到着予定」と出ているので
遅くてもギリギリ 3/5 の夜の試合に間に合うかなあ、と思っていたら
本当にギリギリの 3/5 の午後 2時頃に到着しやがりましたよ。

ただ、同時に購入していた SDHC 16GB(Transcend 製)が
まだ到着していなかったので、PocketPC のをこの日だけ利用。
マニュアルには「8GB まで公式対応」、って書いてましたが、
全然問題無く使えました♪

また「ホントに HZ10W が来るんだろうなあ。他の機種を適当に
送りつけて来ないだろうな?」って不安もありましたが、
それも杞憂でした。唯一指摘するなら「グレー」しかない在庫を
買ったハズなのになぜか「ブラック」が届いたんだけど、
別にグレーも黒っぽいデザインだったのであまり気にもならず……
というよりも、このレビュー書いた時点で初めて「あ、黒来てるじゃん」
って気がつきました。どんだけ色を気にしてないんだ>俺(爆)


で、とりあえずカメラの印象から。

まず手にして思ったのが「結構デカイ&重い」という事。

Size1.JPG

PSP、DS、DVD と並べてみると、見た目はそんなに大きくないんだけど、
厚さがある分手に持つと大きく感じます。

Size2.JPG

重さも DS よりもずしっと来るし、良い意味での重厚感。
イジワルな言い方だと「あー、90年代後半のデジカメって、
こんなんだったなあ」とノスタルジーを感じます
(オリンパスの『CAMEDIA』思い出したわー)。
まあ実際は比べ物にならない程の性能差なんですけどね。

で、厚みが増した分、マイミクの、のんちゃんに以前貰っていた
カメラケースにぴったりと収まるサイズになったので
(EX-V7 はコンパクト過ぎて少し余裕があった)、
ケースはまだまだ活躍して貰います!

使ってみて驚いたのが「日本語メニューあるじゃん!」って事。
全然日本での販売予定もないみたいだし、そもそもマニュアル一覧に
日本語がなかっただけにビックリ。

でも設定メニューの一番最初に出てくる単語の「Recording」の訳が
「録音」になってて、意味がちょっとおかしい。
撮影全般の事だから、そこは「記録」じゃないと……。
俺が間違ってるのか?とわざわざ英語に戻して再確認したけど、
やっぱり誤訳でした (^^;)

それから真面目な話だと、両手でがっちり掴んで持つと、
撮影時に右手の中指でフラッシュを隠してしまいます。
「なんか暗く写るなあ」と思ったらこういうオチでした。
右手は指でつまむように持たないといけないなんて、
手ぶれがひどくなるし、シャッター押すのは右手人差し指なんで
ちょっとここは扱いづらい点ですね。

逆に、左右のグリップにマイクが取り付けてあるので、
つまむように持つと音が入りやすいから、この「つまみポジション」が
やっぱり正しい持ち方なんだろうか……?

後、撮影モードによって出来る事、出来ない事があるんだけど、
例えば「スマイルシャッター」にしていると、連写が出来ないとか、
タイマーまでも使えないとか、そういう「このモードでのこの状態では
コレが不可」ってマニュアルに書いてないし、逆にやりたい事を
出来るのはどのモードなのか?って事が解りづらく、直感的じゃ
ないなあ、という印象です。

まあコレも慣れの問題もあるワケで、使い続けて1ヶ月くらいしないと、
使い勝手の正しい評価は難しいかも。多分、俺みたいなカメラ初心者に
毛の生えたような人だと混乱するのかも知れないし、逆に露出や
シャッタスピードなどを使いこなせる中〜上級者には
屁でもない事なのかも知れません。

ただ、これは他社の製品に慣れてるせいかも知れないけど、
少なくとも Panasonic FX-33 と Casio EX-V7 ではほとんど
迷った事無いんですよね……。もっと初心者カメラだと Samsung でも
優しくて使いやすいのかな?

と、ここまでが、第一印象から簡単に使った所までの感想。
次回は肝心の画質などについて書きます。


posted by Taka@まさちゅ〜 at 16:00| サンフランシスコ ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。